人気ブログランキング |

私の町ではただ一軒のショッピングセンターが閉店した。
日々買い物に通った馴染みの店。
大きな声の元気な魚屋のおじさんがが、大好きだった。

この町に住みはじめた30年前は 小さな商店数店の入った
寄り合い所帯だった。
買物に行くと混雑して混みあい、押し合いへし合い歩いたものだ。
人があふれていた。

肉屋さん、魚屋さん、野菜屋さん、
新婚の頃、毎日のように重たい買い物を引きずるようにして 
途中で休み休みしながら 遠いアパートに帰ったものだ。

おいしいものを食べるのは好きだったが、さほど作れる料理が
多かったわけではなかった。
それでも22歳の新米主婦の私は、おいしいと喜ぶ顔が見たくて
買物に足しげく通った。

その後、ニュータウンの人口が増えるにつれて、
ショッピングセンターも新築となった。
2階建てのその複合施設は、1階には市内のスーパーや、
おいしい熟成肉で人気の肉屋さんや 小さいながらセンスのよい洋服店、
花屋さんや雑貨屋さん、薬局、電気屋さん、靴屋さんもあった。

2階には美容室、床屋さん、料理講習のための調理室、
会議室などもできた。
他の町に行かなくても 買物とさまざまな用事には だいたい間に合った。

そのショッピングセンターの道を挟んだ隣には、市のサービスセンターと
バス停があり、図書館分室も会議室もホールもあった。
郵便局や信用金庫もあり、町の中心にコンパクトに
必要な公共施設が集まり、日常生活に困ることはなかった。

しかし、ニュータウンは いつしかオールドタウンになる。
子育て世代が歳を重ね、子どもは他の町へ出て行くようになると、
一気に人口は減り、高齢化率が上がっていく。
この数年で 独居老人も空き家も増えた。

ショッピングセンターも 急激に変化する。
靴屋さんがなくなり、薬局も撤退し 電気屋さんも消えた。
80代過ぎてもがんばっていた雑貨屋さんも 家族の介護で閉店。

そして、昨年12月に このショッピングセンターのストアが撤退。
テナント料金が高く 赤字続きだったらしい。
この町で 日々の暮らしを支えていた店が消えた。

そのストアが消えると、バスに乗って他の町に買い物に
行かなくてはならない。
車を持ち 運転できる人はまだいいが。
それにしても「明日は我が身」・・・
私もいつまで車の運転が可能だろうか。

公共交通機関がほとんど整備されていない地方都市では、
車は「足」そのもの、バスも少ない。

車もなく、運転もできない高齢者は コンビニに行くしかない。
そういう町に なってしまった・・・
住民は署名を集めて 市に嘆願書を出している。
この町は 市の決めた「ニュータウン造成」でできた町。

一刻も早く、暮しに必要な買い物ができる店を誘致してほしい。
そのためにテナント料などの補助も 行政が負担すべきだろう。
このニュータウンで生きるために必要なのだ、買い物のできる店が!

このショッピングセンターの肉屋さんに買い物にくる人も
途方にくれた顔・・・肉だけあっても 野菜が買えない。
肉屋さんの売り上げは激減するだろう。
ついでに買い物ができるから 肉屋さんにも立ち寄るのだ。

私も先日この肉屋さんに買い物にいき、熟成肉を買ったが、
今まであった奥のストアでは 何もない食品棚が暗闇のなかで
ひっそりと静まり返っていた。
だれもいないし、なにもない。
ショックだった・・・

どういう形でもいいが、生きていくために必要な食品を売る店が
1日も早く 再開してほしいとただ願っている。
この町を 助けてほしい!
by yuko8739 | 2019-01-14 15:03 | 地域 | Trackback | Comments(0)