人気ブログランキング |

タグ:ランチに招かれて ( 1 ) タグの人気記事

女正月

女正月とは、1月15日前後のことで、女は正月も客の接待などで
正月も休めないことから、年賀行事が一段落した小正月の
この時期に一息つくことを「女正月」という。

というわけでもないが。
家庭の主婦の1年で一番忙しい時期も過ぎて、この時期に
友だちが 自宅に招いてくれた。

もうひとりの友は、昨秋から椎間板ヘルニアで激痛に苦しんでいた。
ほとんどのボランティア、市民活動を休止して自宅にこもっていたが、
今やっと保存療法(自然治癒)の成果が現れ、痛み止め薬の服用も、
ずいぶん減らすことが可能になった。

今年1月半ばから 少しづつ様々な活動に復帰している。
そんな友とふたりで 隣町に向かった。
私は前日に おぼえたばかりのふわふわの生地を焼き、来る前に
生クリームを巻いたロールケーキと我が家の漬物などを持参した。
c0204725_931740.jpg

とても穏やかな、風もない暖かい日で1月とも思えなかった。
友人宅の窓辺には きれいな花が咲いていた。
春が来たような気分だ。
c0204725_9331983.jpg


c0204725_9381529.jpg

c0204725_933043.jpg


甘酒で「今年もよろしくね!元気でいい時間を過ごそうね」と乾杯。
さっそく それぞれのお正月のことなどおしゃべりに花が咲く。
ご主人は 庭の小さなログハウスに居てくれるので、
声をひそめることもなく、大きな声で笑えるのが幸せ・・・

持参した漬物などで お茶タイムを楽しんだ。
本当に、こういう時間は久しぶり・・・
ただただ忙しかった師走、買い出しやおせち料理の仕込みに
てんてこ舞いだった大晦日から元旦、新年会。 

風邪やインフルエンザが蔓延していた新年会だが、
どうにか無事だったので ほっとした。
日常が戻ってきたので、様々な会の新年会がこれからも続く。

女たちのおしゃべりは 果てしなく続いた。
友は茶碗蒸しやお吸い物などを作ってくれて、
なんと ウニやイクラまで入っている高級なお寿司を
用意してくれていた。
恐縮しながら おいしいお寿司を味わう幸せのひととき。
c0204725_9335120.jpg

デザートの苺や梨をつまみ、しばらくしてから珈琲とロールケーキで、
カフェタイム。ふわふわケーキとウインナコーヒーがおいしかった。
c0204725_9341064.jpg


c0204725_9342538.jpg

終日、様々な話をして帰宅。
深い話も 軽い話も 女たちは自由自在。
いつも思う、同性の友だちっていいなあ・・・

「人生の最後に残るのは 友達」
その言葉の重さが 身に沁みる。
私にとっては 喜びと悲しみを分かち合う「人生の同伴者」

多分 どちらかがあちらの世界に旅立つまで 友情は続く。
そんな友が ひとりならずいることを 神さまに感謝したい・・・
なんとも ヒュッゲ?な1日だった。
c0204725_9344949.jpg


by yuko8739 | 2018-01-19 10:56 | 友達 | Trackback | Comments(0)