人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カタクリ ( 21 ) タグの人気記事

春の野の花に出会う

雨嵐の天気で、春の散策会は翌日曜に順延になった

この陽は快晴、雲ひとつない目に沁みるような青空。

我が町の観光名所、断崖絶壁の白い灯台が美しい岬の遊歩道を歩く。


大型連休初の日曜で、すでに駐車場は満杯気味。

ここの遊歩道は自然豊かな水の流れる渓谷で、

原生林の姿のままで残っていて、野鳥や野草の宝庫となっている。


集合して さっそくいつものコースをスタート。

入り口から ニリンソウの大群落が私たちを迎えてくれた!

c0204725_10025213.jpg

c0204725_10030579.jpg

他の場所では あまり見られないオオバキスミレも斜面に。

笹のなかには カタクリもまだいっぱい!

ヒトリシズカの群生も、ニシキゴロモ、エゾエンゴサクも。

c0204725_10043499.jpgc0204725_10060701.jpg

c0204725_10142676.jpg


春の日差しのなか 自然の命が精いっぱいここで生きている!

その感動は この胸に満ちてあふれ出す・・・

冬を越えて、この春に今私も生きている!

春を迎えるその歓びは 言葉では表せない。


そそり立つ絶壁を眺める場所で この地形について

成り立ちや特徴を 講師のFさんとAさんが持参した手製の図解で説明。

海のなかの海底火山の爆発がきっかけで この場所ができたこと。

元々は 島だったこと。

c0204725_10184574.jpg














それが徐々に隆起してその先端が絶壁となり、

この半島を形成したこと。

なんと興味深い 数百万年前のふるさとの歴史!!!


ウグイスの鳴き声が 美しく愛らしく響く。

まだ葉が茂っていない木々の合間から 太平洋や駒ケ岳も見える。

空の色を映して、紺碧の濃いブルーだった。

c0204725_10450129.jpg

道沿いの野の花に夢中になっていたら、止水の溜め池に到着。

c0204725_10075662.jpg














ここで エゾアカガエルやエゾサンショウウオの卵塊や

オタマジャクシを見物。

ムクドリも歩いていた。

オタマジャクシもすいすいと 陽の当たる水の中で

気持ちよさそう・・・これも愛おしい命の姿だ。

c0204725_10235536.jpg
c0204725_10245438.jpg
c0204725_10242007.jpg
c0204725_10273307.jpg

c0204725_10243045.jpg

すてきな数時間の散策が終わり、私の好きな野草の名所のお誘いしたら、

そこでお弁当を食べることに決まった。

車で20分走って 民俗資料館の裏手の湿地に向かった。


ここでお弁当を広げて みな笑顔。

湿地帯になっているこの場所にはミズバショウ、エゾリュウキンカ、

ニリンソウ群生、キクザキイチゲ、アズマイチゲ。

カタクリ群生、エゾエンゴサク、キバナノアマナ、

オオイヌノフグリ、オオバナノエンレイソウなどがいっぱい!

c0204725_10283323.jpg














c0204725_10591810.jpg

c0204725_10302337.jpg
c0204725_10292254.jpg

そこから向かったのは、K町山奥のカタクリ山。

私たちの自然の会が 毎秋に笹狩りを10数年続けて

増やしたカタクリ山には 一般の方も見物に来ていた。


昔は笹原だったことが信じられないくらいの

見事なカタクリの群生地になっていた。

すばらしい!

c0204725_10322608.jpg
c0204725_10321518.jpg
c0204725_10324136.jpg

そこで 今日の会は解散したので、私は娘宅に向かった。

娘夫婦が炭焼きをしているとのこと、でも孫ちゃんふたりは留守。

どんどん親離れが進んでいる思春期だが ちょっと寂しい。


おいしい炭焼きの数々をつまみながらおしゃべり。

夕方になると気温も下がったので 焚火をして温まった。

散策で疲れたので 早々に帰宅。


心は春の自然に触れる深い歓びを こうして抱きしめる・・・

このことが 私にとっては生きている実感を最も強く感じるとき。

春の美しい自然を、神さまありがとう・・・


c0204725_10531815.jpg




by yuko8739 | 2019-04-30 12:52 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)

黒松内ドライブと野の花

友人夫婦に誘われて 黒松内に行くことになった。

友人夫妻は この町の飲料水会社が無料で提供している、

天然の湧水を汲みに行くために この町に定期的に通っている。


黒松内は、道内のブナ北限の地として知られている。

黒松内道の駅「トワ・ヴェール」(仏語で緑の屋根)の名物は

絶品チーズピザ!これを食べるのも大きな目的。

この地は、5月ごろのタケノコ採りの名所?としても有名だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


行く途中で 有珠町の善行寺自然公園に寄ってみた。

有珠山噴火の巨大噴石があちこちにあるこの公園は、桜の名所。

桜の時期は、中国や東南アジアからの観光客を乗せた大型バスの 

大勢の人でにぎわう。

c0204725_15402456.jpg


















c0204725_15404573.jpg



c0204725_16425733.jpg

c0204725_15410615.jpg

















c0204725_16411818.jpg


しかし、私たち野草愛好者は 春の妖精たちが一斉に芽吹く

この早春の時期こそが 最高の時期。

福寿草、オオイヌノフグリ、カタクリ、キクザキイチゲ、

エンレイソウ、キバナノアマナ、エゾエンゴサク、

エゾノリュウキンカ、スミレ、ミズバショウ・・・


厳しく寒い冬を乗り越えて まさにやっと今が「命の饗宴」

この公園でも 日当たりのよい暖かい場所のカタクリは、

すでに終わりを迎えていたが、キクザキイチゲが咲き、

エンレイソウも咲きかけていた。


真っ青な春の空に映える黄色い花は、サンシュユ。

桜のつぼみはまだまだ 固い。

c0204725_15424425.jpg
c0204725_15425821.jpg
















公園を出て しばらく春ドライブ。

山の雪はまだら模様で残っているし、道端にも雪の塊が多い。

そんな道沿いの道路や草地には ふきのとうや

白いキクザキイチゲの群生がいっぱいだった。


湿地ではミズバショウやリュウキンカの黄色

い花も 咲いている。

春到来の歓びが 自然の大気のなかに満ちている・・・

c0204725_15563508.jpgc0204725_15564833.jpg

















黒松内に着いて、最初に行ったのは、

古民家の和菓子屋さん「すずや」さん。

季節ごとの愛らしい練切りやわらび餅、柏餅など、

とてもすてきな和菓子がいっぱい。

c0204725_15565844.jpg
c0204725_15570980.jpg

オーナーは、鎌倉から移住した和菓子職人さん。

家族4人で移住して この黒松内にやってきてもう11年。

ついついさまざまな種類の和菓子を 買ってしまった。


次に向かったのは 黒松内カタクリの名所「奥の院」

でも坂道は雪で車も登れず、花もまだ咲いていなかった。

今日の目的の水汲みに、向かう。


道内のスーパーなどで販売している飲料水メーカーが

製造場所の一角に、無料の湧水を提供している。

4本の蛇口から、地上に初めて出るという自然の水を

汲むことができる。


一口飲むとやわらかな口当たりの水だった、おいしい。

友人夫婦は18L入りのポリ容器に、何本も水を入れては

車のトランクに運んだ。

c0204725_16183491.jpg
c0204725_16184621.jpg

そこからトワ・ヴェールのピザランチに向かった。

焼きたての熱々ピザは、チーズの香りが濃厚。

4種類のチーズを使っているそうだ。

とてもおいしい!

c0204725_16185894.jpg
c0204725_16190906.jpg

この町に来たら いつもこのピザを食べてしまう。

ここのベーコンも とてもおいしい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


帰りに花を見るのに、また寄り道。

キクザキイチゲはほとんどが白で、濃い紫色の花はとても珍しい。

そんな夢のような、紫のキクザキイチゲが群生している場所を

散歩していた友人が数年前に発見した。


そのときから毎年 ここのイチゲやカタクリなどを

見に行くのを とても楽しみな私。

その場所に着いてびっくり!!!

例年よりも 花が増えている気がした。

夢のような 野花のパラダイス。

c0204725_16202180.jpg














あちこちに可憐なカタクリ、青紫の濃淡のイチゲゲが

延々と広がって 最盛期の花を咲かせている。

こんな風景は どこにもない。

普段の観察会でも 紫のイチゲは数輪見られるかどうか。

c0204725_16215354.jpg
c0204725_16192884.jpgc0204725_16200446.jpg

















ここは、ほとんどがその青紫系。

白いイチゲのほうが少ない。

すごい、すばらしいと感動して写真を撮り続けた。

春だね、また会えたね、きれいだね・・・

そんな言葉が 心のなかで響く。

この美しさこそ 無上の歓び!


帰宅して和菓子好きの友に すずやの和菓子を届けた。

漆塗りの器に並べて 写真も撮った。

わらび餅風黄な粉餅を食べたが、思わず笑ってしまうくらいに

とろりふわりと、おいしかった。

いいなあ、春の和菓子は最高・・・

c0204725_16221007.jpg

野花を愛でて、絶品ピザランチ、夢のような紫のイチゲに感動、

和菓子のすばらしさに、ときめいた。

誘ってくれてありがとう!友よ。

なんてすてきな1日!




by yuko8739 | 2019-04-20 13:22 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)

2017カタクリとエンゴサクの感動

花仲間に誘われて 黒松内のカタクリ群生地まで4人でドライブ。
目的は 歌才自然の家散策路、お寺「奥の院」、そして
トワヴェールⅡのチーズピザ、和菓子の「すずや」

まず、歌才自然の家に着いて、ブナ林のなかの散策路を歩く。
所々に雪が残っていて カタクリは3分咲きのようだ。
蕾のカタクリが多いが、咲いているのもあって そばにはキクザキイチゲや
キバナノアマナ、エゾエンゴサク、とピンク、白、黄色、水色と
春の妖精たちでいっぱいだ。
c0204725_1231349.jpg

c0204725_12315850.jpg


c0204725_12322115.jpg

日差しは明るく、オオウバユリのツヤツヤの大きな葉や
バイケイソウの葉も にょきにょきと春らしく元気いっぱい。
c0204725_1233382.jpg

c0204725_12331990.jpg


c0204725_15143272.jpg

所々に白いキクザキイチゲのこんもり群生した茂みが 清楚で愛らしい。
春の日差しのなか、ウグイスやキバシリ?の鳴き声も 響く。
あまりの心地よさに 全身が緩んでしまう。
春の命の営みが 目の前に豊かに広がっている。
c0204725_1234778.jpg

c0204725_12343970.jpg


c0204725_12345665.jpg

c0204725_12351922.jpg


そこから黒松内特産物手作り加工センター「トワヴェール」に行き、
半額の名物ベーコンやハムなどを買い、ソフトクリームを食べてひとやすみ。
冠雪した遠くの山々の峰は  芝生の青と美しいコントラスト。
まさに典型的な北海道!雄大な眺めを 満喫した。
c0204725_1593838.jpg

c0204725_151616100.jpg


そこから近くの寺社「奥の院」に行く。
お寺の境内の針葉樹林の足元を 埋め尽くすカタクリの群生は
見事としか 言いようがないが、こちらもやはりまだ4分咲き。
c0204725_15183044.jpg

c0204725_15185411.jpg


c0204725_15191389.jpg

それでも 夢中で写真を撮った。
やはり数人のカメラマン?が 熱心にカタクリを激写していた。
c0204725_15194324.jpg


c0204725_15202111.jpg

c0204725_15205994.jpg

c0204725_15212934.jpg

c0204725_15294173.jpg


お目当てのひとつ 和菓子の「すずや」は臨時休業で残念。
そこから道の駅「トワヴェールⅡ」(道の駅)で 名物ピザを食べた。
チーズのピザが 私のお気に入り。
c0204725_15303019.jpg

帰りに、大岸のIさんの森に エンゴサクを見せてもらうために
寄ることになった。
森に着くと ちょうどIさんも作業のために到着したばかり!

にこにこと挨拶する間もなく 森の入り口からいい香りが!!!。
見渡すと エゾエンゴサクが地面をすべて青く覆っていた。
エンゴサクって こんなにいい香りなの?
c0204725_15311319.jpg

Iさんは 
「来てくれてうれしいよ~
こんなに きれいだから 見てほしかったよ」と喜んで案内してくれた。
作業の邪魔をして ごめんなさい。

辺り一面のエンゴサクのいい香りに包まれながら
信じられないような光景に圧倒され 深く感動。
何年もかけて エンゴサクの広がりを Iさんも多少は手伝い、
見事な群生地となった。 
c0204725_15514720.jpg


c0204725_15531768.jpg

c0204725_15535212.jpg


c0204725_15542222.jpg

c0204725_15544720.jpg


c0204725_1555485.jpg

森には イチリンソウ、イチゲ、カタクリ、ナニワズ、
エンレイソウなど 春の妖精たちで埋め尽くされていた。
ああ、なんという幸せ・・・
花が咲くのは 自然の摂理だから 花の一番いいときに
見に来られたら まさにそれは運がよいということ。
c0204725_15565788.jpg


c0204725_155603.jpg

c0204725_15552837.jpg


最後に 自作のツリーハウス「彦一小屋」の下の方に
咲く、薄紫のイチゲの場所に案内してくれた。
たくさんの紫のイチゲが 風に揺れて気持ちよさそう。
まさに「この世の春」!!!
c0204725_15593627.jpg

c0204725_1603100.jpg


c0204725_1601677.jpg

ついつい長居して 仕事の邪魔をしてしまった。
また、この野花の楽園に 花を見に来たい。
とても幸せなひとときを、Iさん、ありがとうございました。

カタクリとエンゴサクのピンクと青の花々の饗宴が
いつまでも 心に残って消えない・・・

c0204725_1604781.jpg


by yuko8739 | 2017-04-30 08:13 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)

2017春を探しに

わが自然の会主催、今年初めての自然観察会が行われた。
初回はいつも同じコース「春を探して」・・・

2日続いた冷たい大雨のあとで、最低気温も2度と低く。
寒さと雨で野の花は 傷んでいないか心配だった。
その日は幸いに晴れて 気温も日中は10度まで上がるという。
  
冬を超えて春に自分が今、生きていることを最もうれしく
実感するひとときだ。
最初の散策予定地は 何日か続いた低気温のせいで 
カタクリはしっかりと身を守り 咲いているのはわずかだった。

すぐに次の予定地、太平洋岸の絶壁の落葉樹間を巡る遊歩道に向かう。
「地球岬緑地散策路」ここでは 春の妖精と呼ばれる野花たちを
ほとんとすべて見ることができる。
c0204725_14252731.jpg

c0204725_14255869.jpg


c0204725_14262230.jpg

20名ほどのメンバーが海風に備えて しっかりと温かい上着を着込み、
散策路に入ると、すぐに目に入ったのはシラガゴケ?という木に着生する苔。
c0204725_14283694.jpg


珍しいトイシノエンレイソウやコジマエンレイソウを発見。

c0204725_14302739.jpg

c0204725_1431342.jpg


c0204725_14313277.jpg

キクザキイチゲやニリンソウ、エゾエンゴサク、カタクリなどが
次々と目に入る。しかし、やっぱり満開状態ではなく、咲き始めだった。
c0204725_14321848.jpg

c0204725_14325437.jpg


ここに多いオオバキスミレも散策路沿いに たくさん見つけた。
c0204725_14354423.jpg

ここには 愛らしいタマゴケもあり、日の光を浴びて気持ちよさそうに
きらきらと輝いていた。
c0204725_14374681.jpg


c0204725_1438476.jpg

それでも空の青、樹幹から覗ける海の青が 美しく!!!
大雨のあとの快晴のなか、次々に花を見つけて皆の笑顔がこぼれる。
春はいいなあ、気持ちがいいね、そんなふうににこにこと散策は続く。
c0204725_14432765.jpg



時折り、小鳥の美しい声に「これは、ウグイスかな?」
「シジュウカラも こんなにいい声で鳴くの?」
野鳥の会のSさんと、木々を見上げながら みんなで鳥も探す。
c0204725_14454181.jpg

水の流れをせき止めた小さな池で、また、エゾサンショウウオの
卵塊やオタマジャクシを発見!
c0204725_1439477.jpg


c0204725_14413149.jpg

ぷよぷよの透明な寒天のような卵塊のなかに ひとつひとつの卵に
命がある、春に生まれるかけがえのない命。
c0204725_144279.jpg

c0204725_1442345.jpg


そこには2種類のオタマジャクシが 黒い固まりにみえるくらいに 
数か所に集まり 春の日を浴びていた。
春の命の迫力は すごい!

遠く函館方面の雪を抱いた駒ケ岳が 樹間から透けて見える。
春の海も なんと美しいことだろう。
わが町の観光名所でもある 外洋に面した絶壁の奇岩や 
小さな入り江にも 心奪われる。c0204725_1450156.jpg

c0204725_1447398.jpg


散策路は上がったり、下がったりして階段も多く、けっこう汗をかく。
ゆっくりと花と対話しながら 2時間ほどの散策は終わり、
弁当を持参した人が残って おいしくランチを楽しんだ。
c0204725_145239100.jpg

c0204725_14521011.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お昼の後で 居残り仲間を誘って湿地に野草を見に出かけた。 
この湿地には、ミズバショウや もう終わりのエゾノリュウキンカ、
キクザキイチゲやニリンソウ、キバナノアマナなどが群生。
カタクリやエゾエンゴサクも 静かな広い湿地で
うれしそうに咲いていた。
c0204725_15143995.jpg

c0204725_15152612.jpg


c0204725_15155047.jpg

c0204725_15162784.jpg

c0204725_15164512.jpg


c0204725_15171023.jpg

c0204725_15174110.jpg

c0204725_1518978.jpg


c0204725_15184110.jpg

c0204725_15191082.jpg


c0204725_15193187.jpg

c0204725_15195679.jpg


ここは歴史的な遺跡がすぐそばにあり、時期になると 見事なシダレザクラも咲く。
その桜の下にも 公園周囲にもニリンソウの群生が広がっている。

GWの頃には 花見弁当を広げる人やスケッチブックを広げる人。
もちろんすごいカメラで桜を写す人もやってくる。

そこで今日の会の仲間と別れて 帰宅した。
故障した左ひざが少し痛むが この日の散策は魂が
春に向かって解放され 自然からの深い癒しを実感した。

神さま、すばらしい1日をありがとう・・・
by yuko8739 | 2017-04-24 15:24 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)

春の妖精たちに会う/映画「弁護人」

c0204725_16231624.jpg


















旅から帰って 連日予定がへし合い、混みあい。

会議や仕事、総会や映画試写会の手伝いなど、など・・・


先日は 韓国で国民的な大ヒットの映画「弁護人」を
みに行く
途中に 毎年春に濃い紫色のキクザキイチゲの咲く

秘密の場所に行ってみた。


気温が急に上がり、17度とか。薄着でも寒くなかった。

もしかしたら5月の末くらいの気温だろうか。

今年は花が咲くのが 早い。

その場所に着いたら、驚くくらいに春の妖精たちがいっぱい。

福寿草やキクザキイチゲ、カタクリ、ナニワズが満開!

いい春だなあ・・・

c0204725_16235319.jpg


c0204725_16252187.jpg
c0204725_16222751.jpg























東京でみた百花繚乱の花の感動が まだ心に残っているが、

北海道の山のなかの この切ないような可憐で小さな
春の花の営みは 胸を打つ。

c0204725_16250069.jpg

















c0204725_16243415.jpg
c0204725_16224393.jpg

















少し離れると 枯草のなかの花は見えない。

近づいてやっとわかるくらい小さな白、黄色、うす紫、
ピンク、濃い紫の花々。 

c0204725_16331188.jpg













c0204725_16323200.jpg
c0204725_16335427.jpg





















広葉樹が葉を広げる前の今だけが、太陽の光を全身に浴びる
チャンス!とばかりに 春の妖精たちは堅い土のなかから
枯草をかき分けて すっくと伸びて
花を咲かせる。

c0204725_16342695.jpg
c0204725_16341053.jpg






















この花に虫たちがやってくる。

アリや小さな蜂やハナアブが 受粉の手伝いをする。

そして小さな実は 7年もかけて花を咲かせる。

命の仕組みのその絶妙のタイミング、命を継ぐための
巧妙で精緻な
戦略は 見事としかいいようがない。
あっというまに姿を消す、春だけの妖精たち・・・

動かない植物の なんとすごい作戦だろう。

地球の歴史のなかで 植物の果たす役割の大きさを思うとき 
深い思いがひたひたと
胸に押し寄せる。
植物がなかったら 地球の今はなく、
人類は誕生できなかったと思う。

花たちよ、暗い冬の寒さに耐えて 今こそ存分に

その花びらで 光を、命を 捕まえよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

韓国で1100万人の観客を動員した映画「弁護人」をみてきた。
軍事国家権力と戦う、若き弁護士の物語。
彼のモデルとなったのは実在した大統領故ノ・ムヒョン氏。
青年弁護士時代の事件を描いている。
演じたのは、韓国の実力派俳優ソン・ガンホ。

韓国の軍事政権が 若者たちを共産主義者とでっち上げて
凄絶な拷問のはてに なき罪を告白させて有罪にする。

国家が権力を持つと、憲法に記された人権など、もろいもの。
その恐怖が 映画の後半で胸を締め付ける。
他の国の話ではない。

日本はどうなのだ。
共謀罪に賛成する国民が多いなんて!絶句するのみ。

自分の首を 自分で締めているようなものではないか。 
隣国の民主主義の遅れを指摘するよりも 自国の戦前回帰の
きな臭い風潮に強く抗い、恐怖に対抗しなくては。

主権在民!と、映画のなかで弁護人(ソン・ガンホ)は 
命がけで血を吐くように 叫んだではないか。

国家が、国民の上に「国家」を置こうとするとき、
憲法が記した人権は 滅亡に向かう。






by yuko8739 | 2017-04-18 17:13 | 自然・季節 | Trackback | Comments(3)

2016春の妖精たち(有珠自然公園)

自然の仲間と ある「慰労会」を兼ねて 洞爺湖温泉に3人で一泊。
温泉に行く前に、善光寺自然公園で 春巡りして歩いた。
まだ、気温も肌寒いし あいにく雨模様だったが。

有珠山の噴石で知られる公園の 散策路を巡る。
奇岩が多い園内には、カタクリやキクザキイチゲ、キバナノアマナ、
エゾエンゴサクなどが あちこちに咲いている。
c0204725_1172853.jpg

c0204725_1174881.jpg


c0204725_1181018.jpg

また今年も 春の妖精たちに会えた!!!
生きているって いいなあ、すてきだなあ。
c0204725_1182747.jpg

c0204725_1184449.jpg


c0204725_1124949.jpg

一時小雨が降ったが 大降りにならず散策路を一周。
いい声で 野鳥が鳴いている。
あれはなに?ウソかもしれない、とHさん。
c0204725_1192848.jpg

c0204725_1195341.jpg


c0204725_11101154.jpg

桜の季節がやってくると 観光バスがいっぱいやってくる。
人がいっぱいの桜の時期の公園も 華やいで気持ちがいいが、
春まだ浅い今の時期、楚々と道端に咲く色とりどりの春の妖精たちが、
なんといっても 私は好き・・・
c0204725_11103338.jpg

c0204725_11105979.jpg


c0204725_1111239.jpg

長く厳しい冬を越えて こうしてやっと会える。
ささやかで美しい野の花たちに、愛おしさがこみあげてくる。
身の内に 湧きあがる春のよろこび。
c0204725_11115483.jpg

c0204725_11121417.jpg


c0204725_11251166.jpg

c0204725_11474097.jpg


同好の仲間と 笑顔で自然を愉しむのが心地よい。
その後洞爺湖に向かい、雨のなか情報誌を見て 小さなカフェで遅いランチ。
メニューはおしまいだったが さっと軽食を作って出してくれた。
林に囲まれた小さなカフェ、新緑の時期にまた来てみたい。

ホテルにチェックインして おしゃべり。
改装した大浴場と露天風呂が とてもよかった。
バイキングも充実、3人で和洋中の色とりどりメニューを堪能。
c0204725_11253618.jpg

夜は静かに 更けていった。
湖は白い霧に抱かれ、女たちは花の夢・・・

c0204725_11512238.jpg


c0204725_11553697.jpg


by yuko8739 | 2016-04-15 10:25 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)

カタクリ山笹刈り2015

今年も早いもので この時期がやってきた。
山のなかの茂った笹のなかに 少しばかりのカタクリが咲く斜面で、
笹刈りを始めて 何年が経つのだろう。

笹を刈ると カタクリの群生地になると聞き、年にたった1回、それも10数名の
自然の会のメンバーで 笹を刈り続けて10数年。 
今では、夢にみたカタクリとシラネアオイの群生地となった。

私が会に入って すでに8年目。
いつも笹刈りの日は 11月3日と決まっている。
寒いみぞれ雨の日もあったが、今年は小春日和の暖かさ。

私は道を間違えてしまって別の山に入り、遅刻して焦ったが、
もうみんなは 笹刈りを始めていた。

以前は笹藪が濃くて大変な作業だったが 今は笹の勢力もずいぶん
弱まり、まばらに生えている笹を刈るだけなので 作業はとても楽になった。
とはいえ斜面なので 足元を注意しないと ずりずり落ちるし、
倒木につまづき、木のツルに 引っかかる。

私は 秋の林の美しさに夢中になり カメラを取り出して茫然。
カメラにSDカードが入っていなかった、なんということ!

以前同じ場所で 同じことを頼んで助けてもらったKさんにおそる、おそる・・・  
「もしかして・・・予備のSDカードお持ちでしたら・・・
貸してもらえないでしょうか?・・・ ・・・」

ああ、なんてハズカシイ。
でもKさんは優しい、「あると思うよ、待っててね」と車から 
SDカードを 持ってきてくれた。

これこそ、天の助け!!!
ありがとうございま~すと平身低頭して カードをお借りした。
c0204725_13463766.jpg

c0204725_1347632.jpg


c0204725_13472625.jpg

c0204725_13475118.jpg


c0204725_1413178.jpg

しばらく 笹刈りに精を出し、腰と腕をかばいながもらがんばった。
11時には 楽しみなおやつとお茶の時間となった。
いったん休んで いつもの倒木付近に全員が集まった、まるで「倒木カフェ」
倒木には 確かこれは・・・ムキタケ?らしいきのこがいっぱい。
c0204725_13493011.jpg


c0204725_13495662.jpg
c0204725_1451228.jpg


でも誰も怖がって 採ったりしない、やっぱりきのこ名人が同行しないと不安・・・
持参したカキやりんご、みかんやYさんの青いナイアガラ、
道外の柚子風味の羊羹やチョコ、珈琲など、カタクリ山の倒木カフェは いつも豪華!

果物好きの私は ポットに入れたウーロン茶も飲まずに 
ぶどうやりんご、カキやみかんと、さまざまな果物で咽喉をうるおした。
さて、お借りしたSDカードを使って 写真を撮りはじめた。 
柔らかな紅葉の美しさ、木々の枝ぶり、落ち葉のなかの宝石のような野花の実、
白い実のフッキソウや すでに来春の花芽をつけているナニワズ、ハナワラビ。
c0204725_13554525.jpg

c0204725_13515316.jpg


c0204725_13521384.jpg

c0204725_13523659.jpg


c0204725_13545778.jpg

オオウバユリの実を まき散らして遊ぶ。
秋の森は すばらしい。
五感で感じる自然の美しさに 深く癒された。
c0204725_13565813.jpg


c0204725_13573721.jpg



こういう感覚を 共有できる仲間がいるとは なんて幸せなのだろう。
来春、この斜面はカタクリのじゅうたんとなり、
少しあとには シラネアオイの群落が野を染める。
もちろん、それに先立ってナニワズ、キクザキイチゲやニリンソウも。

行政機関の協力によって このような野草の名所を 
市の財産として保護管理して、美しい名所として多くの方に
周知できたら どんなにいいだろうなあ・・・

旭川の突哨山のような カタクリの新名所になるかもしれない。
カタクリに少し遅れて シラネアオイの群生もそれは見事だ。

多くの方々に この美しい野草の楽園を見てもらって 
楽しみ、癒されてほしい。
いつかそんな日が来ることを、私はこころから願っている。

自然は すべてを与えてくれる・・・


c0204725_13484136.jpg


<このブログ中の写真数枚は はじめ撮影不能だった私のために、
会の仲間Kさんが提供して下さいました、感謝・・・>
by yuko8739 | 2015-11-05 11:02 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)

2015カタクリ満開/差し入れ

あのつぼみばっかりのカタクリ群生地に 3日経って出かけたら
もう、盛りは過ぎかかっていた・・・ショック。
あまりの気温の高さに 花の盛りは一気に過ぎて もう終わる。
c0204725_10381648.jpg

c0204725_10384221.jpg


c0204725_1039689.jpg

また、来年会おうね・・・
そう心のなかで呼びかけながら 写真に撮れるきれいな花びらを探す。
c0204725_10392370.jpg

c0204725_10394471.jpg


うまく命をつなげたかな。
受粉して 種を残せたかな。
今年できた種は地中で7年経たないと 花を咲かせない。
今見ている花は 7年前の花の種から生まれたもの。

命のサイクルは 長い。
花の盛りのこの短さと、種のもつ長いパワー、命は対象性を持つ。

今年できた種から花が咲くときに 私は元気だろうか。
いつまでこうやって カタクリに語りかけられるのかな・・・

また、会おうね。
7年後の未来の君たちにも 私は会いたい。

時よ、君は美しく、残酷だ。
7年の辛抱を 3日で終わらせる・・・
c0204725_10403520.jpg

c0204725_10405625.jpg


c0204725_10411654.jpg

c0204725_10413784.jpg


c0204725_1042598.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GW前の忙しさから やっと解放された。
寝食を忘れて?働いている坪川組スタッフに 差し入れしよう、
そう決めていた。

鮭ちらし寿司、鶏のから揚げ、ポテトサラダ、
カブとキュウリの塩麹漬け、冷やし汁粉(デザート)
前日に小豆を煮て 漬物を仕込んだ。

その日、朝から甘い越冬じゃがいもを煮て ポテトサラダを作り。
7合の寿司飯に紅鮭やとびっこ、青紫蘇やゴマ、甘酢生姜などを
入れて 錦糸卵を散らした。

下味をつけた鶏肉を揚げ。
白玉粉で団子を作り 小豆と混ぜて和風デザートのできあがり。
すべてを入れてみたら ショッピング用のカートはなんて重い!
腰が抜けそう・・・
c0204725_10162746.jpg

c0204725_10193532.jpg


c0204725_10195033.jpg

c0204725_10201211.jpg


c0204725_10211212.jpg

そんな夕ご飯の差し入れと、撮影に必要な養生毛布を6枚 
港のスタッフ事務所に運んで届けた。
c0204725_10214336.jpg


c0204725_10221041.jpg

撮影スタッフの方々が にこにこと待っていて喜んでくれた。
いつも少人数の料理なので なかなか多い量が把握できなかった。
料理も 体力が要ることを再認識。

でも喜んで食べてもらえたら 私は満足です!
by yuko8739 | 2015-04-26 10:43 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)

2015カタクリの春

冷たい雨も上がり、お日様が照ってきた。
そろそろカタクリの丘は どうかな・・・
わが町の端から 広葉樹の林を通る斜面を降りてみた。

シジュウカラやヒバリ?の声も聴こえる。
遠くの山に 白い残雪が少なくなってきた。
c0204725_2303183.jpg

c0204725_2304580.jpg


c0204725_2305952.jpg

足元に、カタクリのつぼみがいっぱい!!!
昨日の雨と寒さで 花は少し閉じてしまったかな。
c0204725_2311529.jpg

c0204725_231321.jpg


c0204725_2315339.jpg


c0204725_2343436.jpg


c0204725_235342.jpg


c0204725_2354514.jpg


c0204725_2361366.jpg

c0204725_2363730.jpg



ずっと下がっていくと、石川町の宗教法人の施設が見える。
ここの方々が ボランティアとして 笹を刈ってカタクリを増やした。
この季節になると 市内外から多くの人が カタクリ群生地を見にやってくる。
c0204725_2371768.jpg

c0204725_2374463.jpg


c0204725_238711.jpg

この石川町には 近くの幡守神社と幡守公園も見事なカタクリのじゅうたん!
北海道の自然は 本当にすばらしい。

私の住む町は 人口爆発の時代に新興住宅地として開発された、 
山のなかの町だから、周囲はすべて 自然林。

道南の広葉樹と針葉樹の混交林には 春の妖精たちがいっぱい。
これからはエゾヤマザクラやキタコブシ、美しい木の花も咲く。

今日見たのは カタクリ、キクザキイチゲ、通称アズキナ(ユキザサ)、
エンレイソウ、マイズルソウ、ナニワズ、珍しいオクエゾサイシンも見つけた。
水色のエゾエンゴサク・・・
春は 私の目の前で 彩りの花々に化身する。
c0204725_2385171.jpg


c0204725_239139.jpg

なんてすてきな 野の花たちの饗宴だろう。

魂がわくわくして 私は3歳の子どもに戻る。

春を喜ぶ獣、幼い狐のように。

こんな幸せって この世の他にはない。
c0204725_2341185.jpg





 
by yuko8739 | 2015-04-21 22:22 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)

GWの前は

この1週間、GW前なので仕事が前倒しになり、そのせいでとても多忙だった。
連日出かけて仕事、仕事、帰宅しても仕事仕事。
スケジュール通りに進むのか 不安だった・・・
懸念事項もあり、もしそれがうまくいかないと 仕事の手順が大幅に狂う。

それはなんとしても 避けなければならなかった。
といっても相手があることなので 独断では進められない。
配慮と気配りは重要だし、どんな結果になっても 対応できる気力と体力、
俊敏さを持ちつつ 構えていなければならない。

計画の調整はあったが、どうにかうまく修正できて修羅場は過ぎた。
今、やっとほっとしている。
仕事は どうにか順調に終わるだろう。


数日前は大雨で寒い日だったが 今日は快晴だった。
自然の会の総会があり 午後から出かけたが3時間は長かった。

午前中は掃除をして ドーナツを作り、自然の仲間にプレゼント。
夕方電話をして 仕事の懸念が解消された。
よかった・・・よかった・・・これでいい。



春だから 冬に戻ったり 夏のように暑かったり。
好天を狙って カタクリ前線の追っかけをしなくては・・・
もう咲き終わった場所もあるかな?

今年は春が早い分、とても焦ってしまう。
花たちが 終わってしまいそうで。
明日は わが町から続くカタクリの大群落の斜面を 見てこようか。

WOWOWで始まったスピルバーグ制作の連ドラ 「エクスタント」
初回から とても楽しみにしていて今夜は3話め。
だんだん不思議で よりこわい話になってきた。
いつの時代も大企業は 人間を実験台にして 使い捨てるのかな。

夫役の役者は ERでもずっとお馴染み。
子役の男の子が 不気味でこわい、上手いなあ。
どうも私は こういうタイプつまりSF系の物語が好き。
今も私は UFOを見たいのだもの・・・


明日は落語会に お誘いのTELあり。
プロの噺家 三之助さんの語りも いいだろうなあ。

ストレスの多い 胃の痛む1週間がやっと終わった。
月曜20日は久しぶりに 仲良し3人でおしゃべり。
おいしいお弁当を 予約した。
大笑いして 解放されたい。

その後は また仕事の最終段階となる。
それでも27日には すべてが終わるだろう。


NHK あさいちの「ほたてシウマイ」が絶品で。
もう2度も作って そのたびに息子が「旨い!また作って!」
今までは生のホタテを入れて作っていたが これはホタテの缶詰をつけ汁ごと使う。

指で皮に油をさっと塗ってから蒸すとくっつかないので 皮も破れない。
扱いも楽だし きれいだし、まるでふわふわ柔らかくて極上の味わい。
まるで中華屋さんのシウマイだ!(あさいちにレシピ、載ってます!)
c0204725_10252090.jpg

c0204725_10253511.jpg



芽が出始めた わが庭のオオバナノエンレイソウ!!!
c0204725_10265587.jpg


咲きはじめた庭の花たち。
c0204725_10272426.jpg

c0204725_10274194.jpg


c0204725_10275640.jpg

by yuko8739 | 2015-04-19 00:52 | Trackback | Comments(0)