人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

タグ:イギリス貴族の物語 ( 1 ) タグの人気記事

「ダウントン・アビー」惜しくも終了

もう何年前になるのか、カリフォルニアばあさんブログで、 
このドラマにはまったことを知り、日本で放映されたら 
絶対にみようと決めていた。

このドラマは2010年9月にイギリスで放送が開始され、
翌年1月から アメリカでも放送された歴史時代劇。

~20世紀前半の英国貴族社会を描いた イギリスの大ヒットドラマ。 
イギリス田園地帯にある大邸宅 ”ダウントン・アビー”で
繰り広げられる貴族や使用人たちの人生と さまざまな愛と苦悩を描く。
時代のうねりの中で、伝統的な貴族の生活も大きく変わろうとしていた・・・~

2014年春からNHK「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」として
シーズン1からシーズン5まで放送され、2017年5月からは
最終章シーズン6が放送された。
c0204725_23442589.png



2014年、はじめてこのドラマを見たときにびっくり!
このドラマの名は 華麗なお城の名前だった。
すぐに私は このドラマの虜になった。

第1シーズンの初回では、1912年、タイタニック号沈没の報により、
ダウントン・アビーでは 後継者問題に大きな変化が・・・

すべての出演者を数えると 数十人になると思われるが、
見る者が混乱しない 巧みなストーリー運びがとても見事だった!
そして ときに個人の愛や苦悩に 大きなスポットライトが当たる。

実によくできた、イギリス伝統の名人芸のドラマだった。
放映開始から50もの作品賞や、脚本賞、主演賞などを受賞。
全世界で 大きな反響を呼んだ。

役者としてのすばらしさが 強く印象付けられたのは、
曾祖母バイオレット役 マギー・スミス。
とぼけた表情の陰に 人生の達人としての知恵と深い愛情。
「傲慢と偏見」も なぜかお茶目で愛らしい。

このダウントン・アビーの城主、グランサム伯爵ロバートと
アメリカ人の妻コーラ。夫婦の相克や離反と融和の道のり。
3人の娘のうち、上の2人はいかにも対照的。
美貌で高慢な姉と、そんな姉とは全く違う気質の妹は 常に対立。

個性豊かな使用人たちは みな個性的でリアル!すばらしかった。
すべての役者が上手い。その人ならではの深い味わいを醸し出す。
イギリスのTVドラマは なんと人間通で大人仕様だろうか。

執事のカーソンさんの威厳と誇り、そして主人家族に捧げる純情。
女性として ひとりで長く生きてきた家政婦長ヒューズさんの賢さ、
そして気遣いと優しさ。

婦女暴行や殺人事件も起きた、従者ベイツと侍女アンナ夫妻の紆余曲折。
大きな深い危機にも負けなかった 夫婦愛と誠実。
ベイツの妻に対する愛の深さと信頼感、そしてアンナの聡明と夫への純愛が胸を打つ。

美貌の従者、同性愛者トーマスが抱える自己中心と悪、そして挫折。
孤独のはての他者との融和、最後にやっと居場所が見つかり ついに笑顔に。
彼のこの笑顔が 見たかった・・・

屋敷のすべての料理を担当する、パットモアさんの料理の天才と
常識人としての温かさ、安心感。
そのパットモアさんに学びながら 学問に目覚める料理長助手、
若い女性デイジー。
その他にも、いくらでも書き連ねることができるほどの多彩な人物像が魅力的。

登場人物のドラマと共に、目を見張ったのが信じられないくらいに華麗な
英国のお城のインテリア!装飾品、きらびやかな女性たちのドレスの美しさ!
食事のシーンなど 当時を再現した 凝った映像がすばらしくて大いに感動した。

人間ドラマと同時に イギリス貴族の暮らしというものの実態を
わからせてくれるドラマでもあった。 
当時の貴族とは 侍女が寝室で衣服を脱がせてくれるなんて!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どんな意味でも このようなドラマは もう見られないだろう。
始まりがあれば 終るのは当たり前だが 第6シーズンの最終回、
それぞれの人物の感情は 収まるべき場所に収まり、
互いの愛と信頼が 美しかった。

いいドラマを 長い、長い間ありがとう・・・
この貴族一家と多くの個性的で魅力的な使用人の方々と 
共に歩けたことが とても幸せだった。

ダウントン・アビー この美しいお城に 祝福あれ!
そして出演した俳優たち、よいドラマを支えた 
すばらしい演技をありがとう!
c0204725_2350567.jpg

by yuko8739 | 2017-07-26 22:47 | ドラマ | Trackback | Comments(1)