人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

タグ:たくわん漬け ( 2 ) タグの人気記事

2018大根干し/孫の誕生日

わが家の沢庵漬けは 父の好きだった味を受け継ぐ。
U字型になるくらいに長く干し、水分が抜けて甘くなった
しなしなした大根を漬ける前によく手で揉み糠と塩でシンプルに漬ける。

そのために沢庵用の大根は 早めに干さなければならない。
しなしなにするために。
大根の太さによっては 2週間くらい干すこともある。
雪が降ってくるとしばれる(凍る)のが心配なので早い時期から干す。

ということで、24日には裏の畑から収穫した野菜を販売している、
隣町のO農園で細い大根を買い、大根洗いの機械で洗って帰宅。
100本以上をいっぺんに洗った数年前には 息子や孫が手伝ってくれた。

今日は沢庵用の40本を洗うだけなので ひとりでやろうと思っていた。
ふらりとやってきた友だちが「それなら手伝うよ」というので、
ふたりであっというまに 大根洗いは終わった。
ちょうど昼時で 店は混雑していなかった。
c0204725_1204931.jpg

他の漬物(浅味噌漬けや酢漬けなど)の大根は
米農家のTさんに40本注文済み。

帰宅して友とデッキのテーブルに座り 大根すだれをふたりで編んだ。
小春日和の汗ばむくらいの温かい日で 冬支度も楽だった。

前夜には、新ショウガを1kg買ったので 佃煮と酢漬けを仕込み、
セロリのマリネ、大根の塩麹漬けなど常備菜も作った。
c0204725_13163978.jpg


c0204725_1317976.jpg

c0204725_13165534.jpg

また我が家のウッドデッキでは 物干しざおにのんびりと
大根すだれが ゆらゆら秋風に揺れる時期がやってきた。
季節はこうして 巡ってゆく。
c0204725_13174986.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日24日は、わが愛する孫1号の誕生日。
君が生まれた日のことは 忘れない。
こんなふうな 小春日和の暖かい日だった。

はじめて見た君は 赤い顔の大きな赤ちゃんだった。
ああ、神さまが私の手に 天使を渡してくれたのだ・・・
そんなふうに 思った。
元気な赤ちゃんをありがとう、と涙がこぼれた。
命の祝福は 感動だった。

あれから16年、天使はニキビのティーンズになり 
友達とどこかで 遊びまくっている。 
去年までは にこにこと私と共に10月生まれの誕生会を
したのだが・・・今年はもうそれもなくなった。

また、いつかね・・・
振り子が遠くに振れるように 
君は一番遠くに行ってから
きっと大人になって またこっちに戻ってくるだろう・・・

それでも ばぁばの胸には 
幼い君と過ごした輝きの季節は 永遠です・・・
by yuko8739 | 2018-10-28 20:59 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)

2014たくわん漬け

今日は大根を干してから 16日目。
いい加減に大根が干せてきたので たくわんを漬けた。
ウッドデッキの作業テーブルの上に 紐から外した70本の大根を並べる。
c0204725_1856142.jpg

上着を着て マフラーを巻くと汗ばむくらいの気温 14℃。
1本、1本の大根をテーブルに押しつけながらぐるぐる廻す。
こうすると 大根は軟らかくなる(と母から教えられた)。

確かに 手で触った感じはそうなる。
70本の干し大根のそれぞれ1本づつに、声をかけるような気持ち。
「おいしく漬かってね」「今年は温かいね」
「今日は 晴れてよかったよ」・・・

きっとこうすれば、大根も応えて?くれるだろう!
糠に塩と沢庵漬けの色素を多少入れて、樽の下から段々に
重ねて漬けていった。
c0204725_18563398.jpg


c0204725_18565585.jpg

体重計で測った 干し大根の総重量は 約17kg程度。
よく干せるように、細めの大根を 沢庵用にしている。
樽の3/4位まで 60本の大根を漬け終わった。
c0204725_18572543.jpg

c0204725_18574567.jpg


残っている皮つきで太めの大根は 2度目のニシン漬け用に
乱切りにして 下漬けにしておく。(12月はじめまで)

乱切りにした干した大根を つまんでみると甘いこと!
このまま 塩を振って食べたいくらい。
数本残った大根は 自家製切り干し大根用に切って ざるに並べた。
c0204725_1858976.jpg

たくわんはこの気温では 外に置いたほうが安心かな。
気温が高いので 下漬けの皮むき大根やカブも外に置いたが 心配で樽を開けてみたら
いい塩梅に水も上がり 下漬けも順調。

下漬けした大根の塩気を見るために 切って食べてみたら
これも なんというおいしさ!
苦みもなく あまりにおいしいので少し水につけて塩分を抜き、
甘酢につけてみることに。

山葡萄で作ったジュースがあったので、「山葡萄風味の甘酢漬け」を
作ってみたら、ほのかに山葡萄が香って おしゃれな箸休めに。
今度は 生姜を入れた甘酢漬けにしようかな・・・
c0204725_18583828.jpg


あの怒涛のような大根干しの日から ここまでやっと終わった。
もう、デッキに干している大根は 1本もなくなった。

さて、下漬けの大根には苦みもないので 明日にでも浅味噌漬けを
漬けようと思い 大鍋のなかにザラメと味噌、焼酎を混ぜておいた。

ストーブの前で かき混ぜながら ザラメを溶かしている。
ザラメが溶けたら 家人や娘の大好きなこの漬物を 明日は仕込む予定。
by yuko8739 | 2014-11-09 14:24 | Trackback | Comments(0)