ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:創作( 3 )

鳥たちの森(後編)

時は 過ぎていきました。

青い鳥たちは ときどき遠い目をして 赤い鳥を思い浮かべました。
花びら遊びのとき 得意そうに 舞うように美しく飛んで 楽しそうだったこと。

きらきら川の水しぶきに戯れて、赤い羽根が金色に輝いたあの頃。
夜、木の洞でみんなで眠りにつくとき 赤い鳥の心臓がトクトクトクという 
気持ちのよい きれいなリズムを刻んだこと。
それを聴くと 安心して眠りにつけたこと。

思い出は多すぎて 青い鳥たちはそれを語り合いながら 暮らしました。
もう諍いなど 起きませんでした。
きょうだいのように仲よく寄り添い、決して2羽が離れることなどありませんでした。

それでも 2羽の青い鳥は 口には出さずに 心のなかにしまっている
それぞれの思いがありました。
~赤い鳥とぼくが家族になったら、小鳥が生まれたら どんなに幸せだったろう~
~赤い鳥は ぼくとあいつのどっちが好きだったのかな~


そして また時が流れました。
青い2羽の鳥たちは 年をとってますます仲よくなりました。

もう大空を自由に飛びまわることも できませんでした。
それでも 思いだけは 自由に駆け巡りました。
3羽で遊んだ日々は 黄金のように胸に輝くのです。

羽もどんどん抜け落ちました。
抜け落ちた所が ひどく痛みました。
くちばしも 歪みました。

飛べなくなって、地面をよろよろ歩いて 落ちて腐りかけた実をついばむのです。
歩くのが遅くても 必ずもう1羽が立ちどまって 待ちます。
立ち上がれないときは 動けない鳥のそばで もう1羽が励ますように
小さな声で歌います。

青い羽根は いつしか灰色に変わりました。
頭に生えていた黄色の毛は 美しい冠のようだっのに すでに抜け落ちました。
それでも 青い鳥たちの胸から 赤い鳥が消えることはありませんでした。
夢か現(うつつ)か よく分からなくなり 泣きたくもないのに 
むやみに 涙がこぼれました。

そして ついに青い鳥たちは ほとんど食べることができなくなりました。
胸も 腹も ギリギリと痛みました。
痛みにあえぎながらも なんだか赤い鳥に 近づいているようでもありました。

「ぼくたちは 3羽で幸せだったね・・・」
「もうすぐ どこかでまたいっしょになれるよ」
「そうだね、また会えるね」
2羽の青い鳥は寄り添いながら かすかな声で 語り合いました。

「生まれ変わったら またみんなで遊ぼう。
また仲よく暮らそう・・・」

「赤い鳥は 本当は きみのことが好きだったよ」

「いや、どちらも選べなかったから いなくなったんだよ。
ぼくときみを同じだけ 好きだったんだ」
・・・2羽の青い鳥は 声を出さずに 泣きました。

「そうだね・・・」

「きっとそうだよ」

「ありがとう・・・」

それが 青い鳥の最後の言葉でした。
もう1羽の青い鳥も それからしばらく経って動かなくなりました。

2羽は寄り添い、折り重なるように 横たわっていました。
苦しみから自由になり すべてが終わった安らかな様子でした。 

森の大きな木の下で ゆっくり寝ているようでした。
動かなくなった2羽の鳥の その上に広がる大きな木は 
昔 3羽で眠ったあの洞のある木でした。



その2羽の青い鳥の上に、その木から 赤い花びらが 
はらはらと 落ちてきました。

赤くてふんわり軽い布のきれはしのように・・・
2羽の青い鳥の上に 次から次へと 花びらが重なりあって 落ちてくるのです。


2羽の青い鳥は まるで 赤い鳥の翼に抱かれて
眠っているようでした。



終り

c0204725_9221918.jpg

by yuko8739 | 2014-07-01 08:19 | 創作 | Trackback | Comments(0)

鳥たちの森(前編)

大きな鳥のパネルを眺めていると 私のなかに やっぱり
ひとつの物語が 生まれました・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

むかし、むかし ある森に青い鳥が2羽、赤い鳥が1羽住んでいました。
青い鳥2羽はオスで 紅い鳥はメスでした。
鳥たちは 小さいころから 3羽で仲よく遊びました。

遠くの山から川が流れていたので その川でチイチイと笑って
水浴びもしました。
水のしずくが 透き通った花火のように 川面にはじけました。
お日さまは 鳥たちの美しい羽根や水滴を キラキラ虹色に光らせました。

風のない日は 林のなかの開けた空地で いろんな色の花で、花びら遊びをしました。
花びらをくちばしでくわえて 土の上にいろんな形に並べて絵を描くのです。
空に舞いあがり、空からその絵を眺めては そのできばえを競うのです。

まあるい大きなお日さまのように並べた 白い花びらのなかに 
青い花びらで海の波を描いた青い鳥は得意そうでした。
もう1羽の鳥は たくさんの実のなっている見事な1本の大きな木を描きました。

赤い鳥は 花びらで 夕日を描くのが得意でした。
それはきれいな きれいなバラ色の夕焼けでした。
3羽の鳥たちは いろんな色の花びらをくわえたり、空に飛びあがって
上から見たり また下がったりしながら いつまでも飽きることなく 
暗くなるまで 遊んでいました。

 
実のなる木がいっぱいあったので その森では食べものには困りませんでした。
とりわけ黄色い花が咲いたあとに実る 赤い実は香りがよいうえに とびきり甘いのです。
3羽は 夢中でおなかいっぱいついばみました。

そのあとで、ちくちくする葉の陰に実る紫色の実は、さっぱりと酸っぱくて
これも最後のひと口に なかなかおいしいものでした。

きょうだいのように 3羽は仲よく暮らしました。
日が暮れると 森の木の洞(ほら)のなかで からだを寄せ合って眠りました。
楽しいときは いつまでも 永遠に続くような気がしました。



いつのことでしょうか。
鳥たちが もう自分たちは小鳥ではないと感じはじめたのは。
青い鳥たちが どうしてか意味もなく 競うようになったのです。

「ぼくの羽の色、きれいだろ?まるで朝焼けの前の空のようだろ」
「羽の色なら ぼくのほうがすてきさ、海のように色が変わるよ」
「それは ぼくだって」・・・

2羽がそんなふうに きつい目で互いを見ながら競い ケンカをすると
赤い鳥は とても悲しくなりました。
どちらにも なにも言えなくて 気持ちは宙ぶらりんになってしまうのです。

そのうちに 青い鳥たちには なんだかわけのわからない
乱暴な気持ちが 芽生え始めたようでした。
~あいつがいなければ、赤い鳥は ぼくのものなのに~
~赤い鳥をお嫁さんにしたいなあ、どうすればいいのかな~
青い鳥たちは 同じようなことを考え始めました。

いつしか 紅い鳥は困り果てて かなしくなり、3羽で遊ぶことも
できなくなりました。
寝るときも 違う木の違う洞で 別々に寝るようになりました。

3羽とも ひとりぼっちのかなしい気持ちで 風の音を聴きながら
別々の木の洞(ほら)で 青白い月の光を 見上げました。

青い鳥たちも 苦しんでいました。
あんなに仲よく楽しく遊んでいたのに どうして今はこんなふうに
赤い鳥を独り占めしたくなったのか・・・

赤い鳥を あいつに譲れば また仲よく
みんなで遊べるようになるのかな・・・でもそれは できない。

もう一羽の青い鳥は 思いました。
きっぱり あいつには諦めてもらおう。
ちゃんと頭を下げて頼んだら わかってもらえるかもしれない。


赤い鳥は こう思いました。
私がいなかったら 青い鳥たちは仲よく暮らせるに違いない。
ああ、私さえいなかったら・・・

食べものを探すときも ひとり。
川で水浴びをしても ひとり。
どうして こんなふうになったの?

おとなになるって こんなにかなしいことなの? 
紅い鳥は もう耐えられそうもありませんでした。

少し前には 青い鳥たちがひどいケンカをして 1羽が怪我をしたのです。
青い鳥の羽根の付け根が裂けて、赤い血が流れました。

傷つけたもう1羽の青い鳥は 自分がしたことなのに、
ただ憎々し気に 恐ろしい目で 流れる血を見つめるのです、謝りもせずに。

その光景が赤い鳥の頭から 離れないのでした。
私は私、誰のものでもないのに。

あなたたち両方が 私を自分のものにしたくても それはできないこと。
だって、私はあなたたちふたりが大好きなのですもの、友だちだから・・・

赤い鳥は 涙にぬれた目で 空高く飛び上りました。
そして 山から流れている川の 滝つぼまで飛んでいきました。

ごおーっと激しい滝の音が響くなか、再び空高く舞い上がり、空(くう)で身をよじらせ 
白いしぶきを吹き上げる滝つぼのまんなかに 羽をたたんだ赤い鳥は
高くひと声叫びながら 一直線に落ちていきました。

それは あっという間のできごとでした。
そして それから 赤い鳥の姿を見たものは 誰もいませんでした。
森から 赤い鳥は消えてしまったのです。


続く
by yuko8739 | 2014-06-30 13:44 | 創作 | Trackback | Comments(0)

幸せの青い鳥

我が家に青い鳥がやってきた、白いバラの花といっしょに。
待っていた ひとめぼれのファブリックパネルが 届いたのだ。
包装をはがすのも 胸がドキドキ。

その あまりの大きさにたじろいだが 出してみても大きかった!
その夜は 取り付け方法がわからなくて 触れなかった。
不器用な私は、家族の協力がなければ うまく取り付ける自信もなく。
netでさんざん取付方法を調べたけれど、疲れ果て ドキドキしたまま、寝てしまった。

翌日は孫1号を連れて 映画応援団のボランティア。
箱馬作りとメールが来たので「なんで馬が必要なのかな・・・?」
行ってみたら 箱馬とは、木箱のことだった!恥ずかしい!初めて聞いた言葉だった。

映画撮影の照明の調整に使う、暗幕と白い布を縫ったり、監督最新作の「ハーメルン」
上映会のチケットを作ったり。
先日の写真撮影の際に 空中に飛んでいたらしい?毒蛾の幼虫の毒針が 
衣服に 運悪く刺さったらしい人が数人、私もそのひとり。いろんなところが 痒い!!!


帰宅して、孫ちゃん1号とふたりで 壁にパネルを取り付けようと
緊張していたら、家人が登場。
私は「やっぱりひとりでできそうもないなあ、失敗しそうで 怖いよ・・・」・・・

家人は2度パネルのネジの取り付け場所を変えて どうにかうまく壁にパネルが飾れた!
いやあ~なかなか いいなあ。
きれいだなあ。
でも、やっぱりけっこう大きいなあ。
c0204725_1430319.jpg

c0204725_14303998.jpg


c0204725_14313893.jpg

横の長さはいいけど 縦は10cmくらい小さかったら よかったかな。
そんなことを言ったって もうどうしようもないので。

玄関から廊下に入り 居間を見るとドアのガラス戸から この絵がぱっと目に入る。
その感じは とってもいい。
明るくて、きれいで。
ダイナミックで、命の躍動感があって。

「田舎の薔薇」という名の小さなパネルが 遅れて届いた。
これは 私がこうしてPCに向かっているときも 見える場所に。
これは またきれい・・・ロマンティックで。
c0204725_1432393.jpg

c0204725_14323434.jpg


田舎の薔薇(Maalaisuruusu)を見ながら、今が満開の我が庭の薔薇も飾った。
c0204725_14332065.jpg

違うパネルも 違う絵も また飾ってみたい。
ちょっと 夢が広がっている。
冒険もできそうで、わくわく。

幸せの青い鳥よ、これから我が家を見守ってね!
by yuko8739 | 2014-06-29 13:43 | 創作 | Trackback | Comments(1)