人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:カメラ( 5 )

友の初孫報告会/写真教室

古くからの友人Kが 東京に住む娘のお産扱いに行き、
初孫ちゃんのお世話から 無事帰ってきた。

そこでお疲れさま!&「初孫お披露目報告会」を、夕日の見える
隠れ家的な店で開いた。
始めて行ったが、海に沈む夕日の絶景と、壁一面を埋めるジャズの
名器の音源を、高級な機器で聴かせることで有名な店。
一度は行ってみたかった。
c0204725_0192122.jpg

和食の職人Sさんとは知り合いで、その料理も おいしかった。
c0204725_0224344.jpg


c0204725_0225685.jpg

c0204725_0231091.jpg

コースの夕食が進んでいくと、夕日が次第に海に降りてきた。
c0204725_0233277.jpg


c0204725_0243943.jpg

c0204725_025978.jpg

c0204725_0253114.jpg

かわいい赤ちゃんの写真に みんな笑顔。
おめでとう!よかった、よかった。
c0204725_0265269.jpg


c0204725_0271987.jpg

友人Kに娘の家を見てほしかったので 帰りにすぐそばの娘宅に寄り、
築1年半の娘宅で 珈琲タイム。

近くにいても仕事があったりで、なかなか会えないメンバーなので その後も
我が家に寄ってもらって 冷えたスイカを食べながら またおしゃべり。

同じ仲間のもうひとりにも、来年2月に初孫ちゃんの誕生予定。
友人たちに babyラッシュがやってきた!

4人のメンバーで 孫ちゃんがいるのは 今までは私だけだったので、 
これからは「まごばな」= 孫話=にも花が咲くかな・・・?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

隠れ家ランチの翌日は、自然の会の「野の花写真教室」(全3回)
2回目の実践学習に参加した。
今回は自然の会の仲間、Mさんの、豊かな美しい自然の庭で写真を撮ることに。

いつも簡単なコンパクトデジカメ(リコーCX4)を どこでも
持ち歩いているが、このままでは、せっかく大決心して買った 
Nikonが泣いている!そこでNikonをを使って撮影。

まず 野花の撮影では よい状態(新鮮)の花を選び、
撮影モードをA「絞り優先」にする。
ISO感度を上げる。
白とびや黒つぶれを防ぐために、露出補正をする。

シャッタースピードと絞り値の両方を 自分で決める。
その際には 手振れを防ぐために 三脚あるいは一脚を使う。
などなど・・・

ある程度は 初回に机上で学んだので カメラの取説にインデックスを
貼り付けて臨んだが、やはり言葉の理解と共に そのことを
実践できるかどうかが問題で。

久しぶりのデジいち、Nikonは超軽量のはずなのに コンデジに
比べたら やっぱり重いなあ・・・
ある程度 使い慣れて 使いこなさなくてはならない。

でも よく分からないけど このカメラのこのレンズでは
接写は不可能なのだから マクロレンズが必要なのだろうか。
いつかは やっぱりそういうレンズで うっとりするような
写真を撮りたいなあ!

Mさんの庭には 美しい野花がいっぱい!!!
木々は茂り 池に金魚、そしてどこのガーデンよりもすてき。
どうせ練習なのだからと いっぱい下手な写真を撮った。

ただ、スズメバチが飛びまわるので けっこうスリルがあった。
なんだか久しぶりのNikonに緊張したし、スズメバチの羽音も
聞こえるし、蒸し暑くて汗だくな私・・・

会が終わり、昼になったので 数人で薔薇カフェに行ってみたが
お客さまがいっぱいで、ランチが不可能。

庭の薔薇だけを見物した。
c0204725_037412.jpg

c0204725_029579.jpg


c0204725_0292442.jpg

今が盛りと 多くの薔薇が咲き誇り ベリー類が色づき 
なんとも美しく 優雅な庭に ああうっとり。
c0204725_0301283.jpg

c0204725_0303195.jpg


c0204725_0314195.jpg

c0204725_0385353.jpg

c0204725_0411355.jpg


c0204725_0322673.jpg

この庭からいただいた「ザ・フェアリー」という愛らしいピンクの薔薇が 
我が家の庭でもうすぐ咲きます。
c0204725_032985.jpg

by yuko8739 | 2014-07-12 15:35 | カメラ | Trackback | Comments(0)

3羽の白い鳥

白い鳥が3羽 いました・・・


喧嘩   ふん!なんだって?おかしいだろう、それは!
      そんなに 怒ることないよ!

c0204725_8342075.jpg


仲裁   どうした、どうした!なにがあった?

c0204725_8344020.jpg



調整   君が怒るのもわかるけど 相手の話は 最後まで聞かないと。

c0204725_8352772.jpg


軟化   まあ、自分も悪かったけど・・・

c0204725_8361259.jpg




話し合い   話せばわかるって!そうだろ?

c0204725_8371298.jpg


謝罪   さっきは ごめんね・・・許してね

c0204725_8394775.jpg




解決   さて、またいっしょに歩いて行こうな

c0204725_8401222.jpg


結束   行こう、行こう、仲良く行こう。

c0204725_8422024.jpg



仲間   仲良く歩くと 楽しいね!

c0204725_843363.jpg



到着   もうすぐ家に着くね・・・

c0204725_9142082.jpg






by yuko8739 | 2013-05-26 08:44 | カメラ | Trackback | Comments(0)

Nikonでカタクリ

映画の会代表のTさん宅に、いとこがオーディオ機器を設置するので、
差し入れのおやつを持参して 見学しに行った。
オーディオ歴も長いTさんが 設置している機器類の数は、すごかった!!!

名器といわれる機器の ほとんどを持っているのではないか?
そんな気もするほど、ひと部屋すべてが さまざまなアンプ、プレイヤー、スピーカーなど、
多数のオーディオセットで いっぱいだった。

驚いた・・・
そのさまざまなスピーカーに いとこが持参したプレイヤーとアンプをつなぎ
セットのどの音色が好みなのか 次々に視聴していく。

趣味が音楽だけあってTさんと いとこの音響に対する感想は よく似ている。
ふたりとも音楽歴が長いだけあって どういう音色をどういうふうに出すことが
難しいのか 理解している。

私はただ興味深く 達人ふたりの聴き比べに 同行していた。
Tさんの家で いとこが持参したアンドレ・リューの海外公演DVDを観た。

音楽の楽しさと 喜びに満ち満ちて、数万人の観客すべてがひとつになって 
音楽の歓喜を表現していた。

いとこが いかにも楽しそうに 解説していたのが印象的。
アンドレ・リューという音楽家を 初めて知ったが、クラシック出身の彼が
音の世界の垣根を悠々と乗り越え 縦横無尽に 自由自在に 
駆け巡る楽しさに 私は陶酔し、打たれた。

いつか絶対に このDVDをgetしたい!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

音の世界から 次はカタクリの群生地へ。
我が家のすぐ近くの隣町のカタクリの名所、午後の傾斜地を ちょっと緊張しながら 
Nikonを抱えてを歩いていく。
傾きかけた日の光に照らされたカタクリが 群れ咲いている景色は すごい!
c0204725_0183164.jpg

c0204725_0185933.jpg


c0204725_0191413.jpg

この感動をフィルムに収めようと 緊張しながら カシャッとシャッターを押す。
この音が、う~~~ん、快感!

カタクリのピンク色が圧倒的に多いが 水色のエゾエンゴサクや
白のキクザキイチゲが 所々のアクセントに。
c0204725_0204660.jpg

しかしかわいそうに・・・2日続きの雨で カタクリの花びらは 
けっこう傷んでいた。
7~8年も地中の時間を過ごし、やっと咲いたのに・・・

帰宅して PCに取り込んだ画像を見て なかなかいい写真も1枚、2枚?
自画自賛も必要なのだ、ひとりのなかで 先生と生徒をこなしているのだから。
これからは怖がってばかりいないで いつもカメラを抱いて 歩いて撮りまくろう!
c0204725_0213651.jpg


c0204725_023294.jpg

c0204725_024636.jpg



c0204725_024432.jpg

c0204725_025357.jpg


雨で作業が伸び伸びになっていた塗装工事も、今日の夕方、やっと終わり、足場も撤去。
これで 車を他人の駐車場に 置かないで済む。

4月11日に足場を組んで 2週間以上も窓も開けられずに、
不自由な思いをしてきたが、塗装はきれいに塗り終わった。

フェンスも白くなり 残っている作業は灯油タンクと鉄製の外階段とウッドデッキの塗装だけ。

モスグリーンの屋根が とてもきれいになった、うれしい。
by yuko8739 | 2013-05-03 00:22 | カメラ | Trackback | Comments(0)

いよいよ撮影

デジいちは、どこを触っても まだおっかなびっくり。
なんだかレンズだって ホコリひとつもついてもダメ?だとか。
緊張する、ああ、こわい。

充電して SDカードを入れて 液晶保護フィルター?これを 液晶の画面に張るのかな?
それがなんたって剥離紙、保護紙など4枚も層になって いったいどれを貼ればいいの?
どれをはがすの?うまくできないよ~

何度も繰り返しながら、美しい液晶画面も 汚したようで!ショック・・・
これほど不器用な自分に腹を立てながらも ついに保護フィルムを張ったが。
ああ~~~空気の固まりが 2か所に!!!

しようがないのでカメラを逆さにして ゆっくりと布を当てながら 
空気の追い出し作戦を敢行!ああ、うまくできた・・・
そんな調子で セットしていざ撮影するまでに 緊張の数時間を要した。


そんなドキドキの数時間の後、いよいよ、撮影。
う~~~む、こんなふうに写るのか・・・陶器の上のホコリまで このように写るのだなあ。
苺の種の黒ずみも 正確に写っている、さすがデジいち。
こういうところが違うんだよなあと、感動する。
すごいなあ・・・
c0204725_841497.jpg

c0204725_842870.jpg


c0204725_8423248.jpg

c0204725_8425525.jpg


息子に撮った写真を見せたら 「すげえ~」
アップすると ぬいぐるみの布の毛羽立ちまで 確実に描写している。

まだ、恐ろしくて戸外では写していないが けっこうテーブルフォトに
はまりそうな予感・・・食べ物を写すのが もともと好きな私だし。

調子に乗って 遅い朝ごはんを写してみる。
なかなかいいじゃないの、と自我自賛。
c0204725_8432883.jpg

c0204725_8434471.jpg


c0204725_8441360.jpg



c0204725_845014.jpg


数日前に婿が長期出張に出発したので、夜、娘と孫たちが夕飯を食べに来た。
ばぁばコロッケやレンコンきんぴら、大根と鶏手羽元の煮物、
キュウリの塩麹漬けなどを出したら、コロッケを何個も食べては、
おいしい、おいしいと お代わりを繰り返す孫たち。

この頃は 旺盛な食欲に ただ圧倒される。
小5と小3のコンビは、食後に デジいちを見せると、ケンカしながら
「撮りたい!」「撮りたい!」
「俺が先だって!」

ああ、これでは いつかふたりにカメラを壊されるのでは・・・
とビビりながら カメラを手渡すと、
「超カッコい~~~、俺も欲しいな」
「ママ、はなもこれ欲しい、これ買って!!!」

「足を少し開いて 脇を閉めて」と本の通りに指図すると、
はなは カメラマンのような構えで、なかなかカッコいいじゃないの!
みんなで デジいちのシャッター音「カシャ」[カシャ」に酔った夜でした・・・


はな、今度ばぁばが泊まりに行ったとき、このカメラを持って
いっしょに散歩しよう。
海や夕焼けを いっしょに写そうね!
by yuko8739 | 2013-04-09 08:15 | カメラ | Trackback | Comments(0)

デジいちget!

数年前から 憧れだったデジタル一眼レフカメラを 
具体の形に選ぶまで どれほどの年月がかかったことだろう!

思えば 優柔不断な私は 時間があればあるほど悩み。
リコーCX1は、何も考えずに1cmまで接写できるし。
光をうまくとらえると 我ながら なかなかすてきな写真も撮れた。
しかし、いつもやりきれない思いがあった。

「なぜ写真は 眼で見たようには 写らないの!」
コンパクトデジカメという機械の限界と人間の眼のすごさの違いを いつも感じてしまう私。

しだいに こう思うようになった。
「自分の眼で見たような写真を 撮りたい」と。

若いころはカメラ狂いで 昔は狭い社宅のなかに暗室を作り 現像もしていた父。
朝日新聞の写真コンテスト?で入賞したこともある。
祖母が角巻きのなかに小さな私を包んで、降る雪を見つめている写真だ。

なかなか風情のある いい写真だと思う。
そんな父の血を 受け継いでいることを どこかで願っている私は だからカメラに
惹かれるのかなあ・・・


一眼レフカメラを欲しいと感じて もう何年が過ぎたことだろう・・・
ときどき発作のように カメラを調べたり、価格も調べたり。
netの評判を 長々と読みふけったり。

超初心者なので レンズはどうする?
私が写したいのは なに?
どれを選べばいいの?
どのレンズが どう写るの?

Nikon D90という名機に憧れたが、非力で手が小さい初心者の私には 使いこなせそうもない。 
とにかく小型で 軽いタイプを選ぼうと思った。
そう思いながらも 買っても使いこなせなかったら どうしよう・・・などなど、うじうじと思い悩み。 

なにせ、初心者はカメラ言語からして チンプンカンプン。
被写界深度って なに!
露出は 絞りとシャッター速度で決まる。
絞りが小さいほど 私の好きな「背景ぼけ」の写真になるって?

昔、昔に買ったNHKの「デジタル一眼レフ撮影術入門」という本を
再度引っ張り出して・・・またレンズで悩み。

昨年暮れに 新しく本も買った。
私のブログのお気に入りに登録している「今夜もeat it」のカメラマンの方が書いた本。
~「デジタル一眼レフ」手軽できれいなテーブルフォトの撮り方教えます~


この手に Nikonを持てば どうにかなるかな・・・とやけくそになり。
買おうと思った昨年12月初めに 運悪く治らない風邪で カメラのことは またぶっ飛んだ。


そして、たまたま先週、仕事の帰りに立ち寄ったK電気で 
私の欲しいNikonが 格安セットで販売されているのを発見!

なになに、パンフに出ていた標準レンズがついて カメラバックがついて、
SDカードもついて、液晶の保護フィルム付きだって?

それでK電気のnet価格と同じ、5万円弱だった。
なに、型落ちといえども これはいいんじゃないの。
価格comで 安い店を探していたけど ここで いいんじゃないの?

ようし、女は度胸!
おばさんだって やっちゃうよ~~~というわけで 私も。

小型のNikonですが・・・
多分 使いこなせるまでは 時間もかかるだろう。
手軽なリコーCX4に つい手は伸びてしまうかも。

でも、おばさんにだって「わくわく どきどき」は必要なのです。

そんで、私買っちゃいます!
明日3月吉日から、私もNikonユーザーで~~~す!
by yuko8739 | 2013-03-16 20:57 | カメラ | Trackback | Comments(0)