ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:家( 14 )

新PCのメール設定困難/アカデミー賞

やっぱりW10の「アウトルック2016」の
メール送受信が
できない・・・
ひとときは開通していたのに またそれが不能になった。
混乱している私・・・

インターネットは開通しているのだが。

もはや、これ以上仲間には迷惑をかけたくない。

Wさんの紹介で、パソコンサポート団体のメンバーになり、
問題解決を目指した。

その日は、午後1時半から夕方5時まで。

その後午後6時から8時まで 旧PCも持参して

いろいろと原因を探ってもらったが。

やっぱり アウトルックでは送受信不可能。

もしかしたらプロバイダーの問題かもしれず。

明日以降は プロバイダー側に相談したほうが
いいのかもしれない。

メールソフトは 他のものでも今と同じような感じに

使えるのであればそれでいいのだが。

でもなぜ、私の新PCで そうなるのか。

その原因を知りたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アカデミー授賞式実況中継を見ながらも 
PC問題が気になり集中力に欠けてしまって残念だった。

作品賞の「グリーンブック」は いかにもアメリカ映画らしい
善い作品だと感じる、役者もいい。

外国語映画賞は「ROMA/ローマ」!!!

是枝監督の映画は アカデミー賞は取れなかったが、
カンヌのグランプリこそが すばらしい名誉の記念碑。

でも「ROMA/ローマ」のあの静かなモノクロの画像と

小津映画のようなたたずまいには、深い印象を受けた。

聞けばアメリカの映画界では「そんな地味な映画は流行らない」
と製作資金が集まらず、ネットフリックスで公開して
大きな評価を得たというから すごい。

数日中に アカデミー受賞式で受賞も多かった
クイーンの「ボヘミアンラプソディ」を映画館でみて来よう。

見た人すべてが 感動している。

朝日新聞(2/26朝刊 一部抜粋)でこの映画について
脳科学者の茂木健一郎はこう語る。
「描かれたのは性や出自のマイノリティ。
これまで日本人が心理的な壁を抱いてきたものに、
多くの人が共感する回路を築いた功績は大きいと思います。」


社会学者の宮台真司は・・・
「従来の枠組みが役に立たない非常時にこそ、
システムの外側での人の本当の力が試されます。
今はどこもシステムに覆われて、相手や自分にどんな力が
あるのか分かりません。

今は未想定なものを全力で回避したがる人ばかり。
規定された枠の外に出て、いつもと違う計算しない視座を
取りたい。自分は取れるだろうか。
この映画はそれを問いかけています」


いただきものの和菓子、美しくて おいしかった。

c0204725_18395482.jpg


by yuko8739 | 2019-02-26 23:38 | | Trackback | Comments(0)

新しいPC設定に苦悩

やっと頭も平常に動き出したと思い、懸案だったPCの

電源を入れて 覚悟を決めて設定をはじめたが。

なんとWindowz10は 進化しすぎて?

私よりも ずっと先を走っていた。

設定の画面の言葉の数々が???よくわからない。

そして一時はマウスが動かなくなり 指の操作に疲労困憊。

それに無線LANの設定にもかなり戸惑い・・・約2時間ロス。

解決してみれば なんということもない。

ルーターの電源の入れ忘れという単純ミス、

それに身悶えて頭が真っ白!

6時間が経っても なかなか前に進めない。

青息吐息で すがろうとしたのは・・・

自然の会のPC達人Yさん!

旧PCからメールで手助けをお願いしたら 

なんと翌日朝一番で駆けつけてくれるという、

ああ、まさに地獄に天の助け!

涙がこぼれるほど うれしかった。

PC泥沼にはまって 身動きが取れない私。

Yさんが来てくれたら 問題はきっと解決するだろう。

こんなに手間取るとは 思わなかった・・・

旧PCは優しいけど こんなヤクザな新PCと

やっていけるのかな?わたし・・・

このことが気になって 気になって眠れず。

睡眠時間は3時間、夜中に胃が痛んで 

2度も牛乳を飲んで 痛みを紛らわした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌朝、わが町にやってきたYさん、

さっそく居間のテーブルに 2台の新旧PCを並べて作業開始。

陽はさんさんと照る温かで穏やかな1日を、私のミスで

難しくなってしまったPC設定に 果敢に取り組んでくれた。

マイクロソフトの設定、オフィスの設定、

メールソフトアウトルックの設定
(これがななぜか?なかなか難関???)

ドロップボックスの設定、自然の会HP投稿の設定、

FBの設定などなど。

全てが 私が途中半端で諦めてやめてしまったせいで
順調に進まない・・・Yさんは繰り返し、繰り返し、
何度もさまざまな方法で 試みてくれた。

ああ、他人のためにこんな面倒なことをやってくれるなんて!

本当に頭が下がる・・・私なら ごめんだ。

昼は いなり寿司や我が家の自慢のおいしいりんごなどで
おもてなし、おいしいと喜んでもらった。

私はPCに気もそぞろで みそ汁も味が濃すぎた。

ひとつの設定が 可能になるたびに拍手!

山をそんなふうに ひとつづつ超えた。

そして、なんと気がつけばもう午後4時。

午後3時半に娘が釣り人からもらった宗八カレイと

スケソ鱈を持参したので、大量の生魚を下ごしらえ。

PCを気にしながら 宗八カレイ数10匹を捌いた。

 

大きなカレイは煮物に。

小さなカレイは 唐揚げ用に下ごしらえ。

娘には煮たカレイとから揚げ用のカレイ、

スケソ鱈は鱈鍋用にぶつ切りにして持たせた。

どうにかPCのすべての設定やプリンタもつなげて、

私が好きで昔から愛用していて 今も便利に使っている

Officeの画像加工ソフト(今はダウンロードして使う)も

Yさんが 入れてくれた。

そして使い勝手のいい評判のソフトも持参して 
それも入れてくれた。

文書作成やフライヤー、ポスター作りなどに便利だという
ソフトを今後はどう使うのか楽しみ、うれしい!

夕食のあと、ひとり居間で新旧PCを並べながら・・・

奮闘した2日間を思った。

Yさんのおかげで どうにか新しいスタートを切れそうで

とてもうれしい・・・

心からほっとして 幸せな気分に浸った。

PCとは自分が使いやすいように 育てていくもの。

今は旧PCで原稿を書いているが もう自分の体の一部となった

このPCには 長くて深い愛着がある。

新PCとは こういう関係を また自分で
築いていかなくてはならない。

愛情と辛抱で まるで子育てのように。
「よしよし いい子」と褒めながら よいPCに育てたいと思う。 

PCは もうなくてはならない大事なものだから。 

これを使ってmy新聞の発行やブログ、メールも自在に使えて

感情の交流が可能になった。

この小さな機械は まるで図書館。 
知識や知恵を 日々もらっている。

賢い消費者にもなれた。

北海道の小さな町に住んでいても 
ギリシャ産コリンキ種のオリーブオイルも入手可能。

映画や本の評価を読み、好きな作家の動静もすぐわかる。

スマホはなくても暮らせるが 文章を書くのが趣味の私は

PCだけは 多分死ぬまで手放さない。

だから1年以上も考えて購入を決めた新PCを
よい伴侶とすべく また大切に辛抱強く育てたい。


by yuko8739 | 2019-02-20 23:36 | | Trackback | Comments(0)

寒波で水道凍結/隙間風防止工事

インフルエンザの最中に、さまざまなことが起きた。

目の回るような出来事が 同じ時期に押し寄せた。

本当に運が悪く 間が悪いとしか いいようがない。

私はやっぱり 2月は凶の月。

大寒波で 我が家の洗濯機につないでいた水栓が凍った。

はじめてのこと! 温水の水栓は無事だったが。

そして、新しい洗面所工事をして以来、洗面台の引き出しの

外気のような冷たいすき間風に10年も耐えて暮らしてきたが、

我慢しきれずに この家を建てた大工さんに見てもらって、

隙間風対策のミニ工事をすることに。

大工さんと水道屋さんにも来てもらい、
さまざまなことをしてもらったが。

わが家の水道管は 金属でないらしく・・・

電熱で解凍することが不可能とか。

樹脂の水道管なのか・・・?

この水道栓が通る場所の家の外の換気口の止め口が破損していて

きちんと閉じていなくて、パタパタと風が入ったことが

水道凍結の原因らしい。

恐るべし、マイナス10度以上の寒波!

市内では、水道トイレなども凍結し、1日で170件も

水道工事の依頼が殺到し、水道屋さんは大慌てらしい。

幸いに我が家は 連絡した翌日には来てくれたが。

床下を開けて工事しても、お湯をかけるくらいしか手がない。

来週の暖気を待てば 氷は解けて自然に水が出るらしい。

だが洗濯はできるし、お風呂もOK、
台所にも支障はないので 気温が上がるのを待つしかないようだ。
 

その他にも、1月に頼んでいたカスタマイズパソコンも
インフルエンザの苦しい最中に到着したが、

箱を開ける元気もなかった。

頭も正常に働かなかったので 今までは面倒な設定も
避けていた。

居間のTVが故障したので、買いに行き、その配達も

インフルエンザのために延期。

ただ、カウンターの上にTVは置いたものの。

今までの壁付け部材の撤去もしなくては・・・

そんなことも大工さんと話していたら、すぐに道具を

持参してくれて あっというまに大がかりな壁付け部材を 

撤去してくれた!なんとありがたいこと。

2日前に置きたい場所に ようやくTVを設置。

あれも、これもが重なり過ぎて 水道凍結やら
大工工事やら目が廻りそうな日々。

明日は胃カメラ・・・
胃潰瘍の疑いだが、多分完治してると思う。

不運で 不健康でなんという2月!

だいぶ心身が元気になったので 日曜の子ども食堂を終えて

来週はじめには一番気になっている PC設定にTRYしよう!


by yuko8739 | 2019-02-14 14:51 | | Trackback | Comments(0)

ウッドデッキのペンキ塗り

春にウッドデッキの全面的な補修工事をしたが、
ペンキ塗りは 天候のよい日が続いたときに自分でしようと思っていた・・・

しかし長雨ばかりが続き、大工さんが好意?で塗ってしまった、
防腐剤が落ちつくまで 時間もかかった。
夏もけっこう雨が多く。

さて、秋になったらペンキ塗り!と思っていたら大地震!!!
やっと落ち着いたと思ったら、家族の病気・・・
なにかと人生は ままならない。


刷毛もホームセンターで買ってあったし、この2日間は 
天気が良いと知り、え~い、やっちゃおう~!
渋って仏頂面の家人を誘い どうにかペンキ塗りスタート。

ペンキ塗りも 何年ぶりだったろう・・・
デッキの床板が傷んでしまい 足で踏み抜いてしまうのでは?
そんな恐怖もあったので、ペンキも塗らずに数年間放置。

今年春の工事では 床板のほとんどを全てはがして 
土台から新しく作り直したので もう安心!
秋の快晴の青空のもとで ペンキ塗りも楽しかった。
c0204725_20343934.jpg

シニアペンキ職人2人は 悲しいかな・・・
息は合わず?足腰の痛みを嘆き!照りつける暑さに汗をかき・・・
それでも少しづつ ペンキ塗りは進んだ。
c0204725_20345773.jpg


c0204725_20425225.jpg

午後から 少し塗ったら もうペンキがなくなってしまった。
2度塗りするつもりだったが、またペンキを 注文しなくちゃ!

ペンキを塗り終えて 家に入りひと休み。
昨日もらった大きな栗を 煮てみた。
食べ応えのある大きな栗を スプーンでほじくって食べた、
う~ん、秋の味わい!素朴な栗の味、ほこほこ。
ついでに 果樹園のりんごも丸かじり。
c0204725_20354276.jpg

c0204725_2036181.jpg


c0204725_20362076.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
今年初めて 去年仕込んだ味噌で味噌汁を作った。
黄金色の味噌は すばらしく深い香り・・・
c0204725_2036388.jpg

まるっきり手前味噌自慢だが、
自分で仕込む味噌作りは おいしくて絶対にやめられない!

市販のものとは 味噌の甘さも香りも全く違う。
しばらくは この黄金自家製味噌の香りに酔う日々?
麹が甘くて、味噌おにぎりも最高・・・

わが雑草の庭では 枯れかけた紫陽花が秋になってシックに変身。
c0204725_20372752.jpg


c0204725_2038016.jpg

秋明菊は わが世の春・・・
c0204725_20383059.jpg


by yuko8739 | 2018-10-04 20:10 | | Trackback | Comments(0)

夏の水遊び

お盆の前に 突然Rがやってきた。
「ぶーばー、いる?R、きたよぉ~~~」と叫んで玄関に。
びっくりして「R、きたの!ぶーばー いるよ~」というと、
満面の笑顔で 飛び込んできた。

「ホンよもう!」と2階のミニ絵本コーナーの前で じっくり選書。
「これは?」
「うちにあるから いいの!」
そして数冊選び終えると、私の背中にしがみつく。

「ぶーばーにおんぶするの?重いよ、歩けるでしょ」というと、にやにや。
「ぶーばーが好きだから おんぶしたいの?」というと、
「うん・・・」もっと にやけた。

暑いので ウッドデッキのパラソルの下で 水遊びをした。
ミニカーを洗ったり、シャワー栓で ミニ菜園に水をかけたり。
そのうちに おだってきて シャワーの水をガラスにかける。
c0204725_1231592.jpg

c0204725_1234139.jpg


c0204725_124999.jpg

私が「ひやあ~~~やめなさい!」というと、さらにエスカレート。
このうれしそうな顔は なんだろう。
とにかく洗濯が濡れるから、やめなさいとか言っても聞く耳を持たず。

そのうちに 小さいころに花をいれた水で遊んだのを思いだした。
「このなかで お花や葉っぱを 船みたいに浮かべようか?」
庭から花を摘んで 水のなかに入れたら、なんて涼しそう。
しばらくは Rも水で花遊びをしていた。
c0204725_1283780.jpg

c0204725_1285129.jpg


c0204725_1291096.jpg

小さなお握りを3個握って 小食のRに外で食べさせたら、
遊びに夢中なのか、知らないうちに全部食べてしまった、ラッキー。
そのうちに着ていた服もびしょ濡れ!
c0204725_1292949.jpg


楽しい水遊びが終って 昼寝のために帰っていった。
「もっと あそびたい!ぶーばーのうちにいる!
かえりたくないよお~~~」と叫びながら。

翌日は 我が家の網戸に飛んできた クワガタムシのメスを見せたら
Rは興味津々!じっと見ているが、こわくて手でさわれない。
(のちにこのクワガタは 脱走して行方不明)

そのうち Rのじいじが散歩のついでに 同じクワガタのメスを2匹
見つけてた。Rはスイカをやって大興奮。
でも温泉プールに遊びに行く途中で 虫たちを放してやったそうだ。
「クワガタ ままとこに(ママの所に)かえったの」

お盆が終って 君もパパとママと帰っていったね・・・
また会うときも あの笑顔で「ぶーばー」と抱きついてくるかな?
それが とてもうれしい。
だって私は Rの大きな友だちだから。

君がいなくなると、一気に我が家はシーンとなる。

小さな友よ、また遊ぼうね・・・
by yuko8739 | 2015-08-16 09:56 | | Trackback | Comments(0)

ベンチのペンキ塗り

我が家で20年近く使い続けていた ウッドデッキ用の木製ベンチ1台が、
ぼろぼろと崩れ、釘も抜けそうになり 使えなくなった。
これを作ってくれた大工さんに見てもらったが、木がスカスカで
補修は不可能とのこと。

さて、新調することを考えていて、6月5日にふと気づいた。
昨年、高等養護学校の文化祭があって出かけて行き、スモークマシンを
安価で購入したが、その際に木工科の生徒さんの授業の一環として、
製作したベンチなども販売していた。

さっそく学校のHPにアクセスして 担当の先生にFAXしたら、
折り返し返事をもらった。

2台欲しかったが幸いに在庫もあり、わが家と自宅が同じ町にある先生が 
マイカーで1台づつ 2日間かけて7日までに ベンチを運んでくれた。
(ちなみに私ひとりでは運べないほど重くて、作りもすばらしく立派なベンチだった)

1台は無塗装で、我が家のデッキの色にあわせてこげ茶色に塗るつもり。
もう1台は、市内の森づくりの団体に寄付しようと思い、
屋外用の塗装済みのタイプにして、受け取りに来てもらった。

ペンキ用の刷毛などを買い、キシラデコールの残量をチェックし、
晴れた日に家人とベンチをデッキに運び入れて、さてペンキ塗りスタート!

指導者もいない?適当なやり方だが 私のひとり仕事なので気楽なものだ。
ビニル手袋をはめて 2種類の刷毛を用意して塗料缶の蓋をあける。
う~ん、この匂いはいつも強烈だなあ。

  
昨年、家と屋根の塗装をした際には、職人さんがサービスで
塗ってくれたが、まず、一回塗ってみる。
なんだか白木なので ほとんど色がつかないなあ・・・?
c0204725_23475068.jpg
乾いてから また塗った。
紺色のウインドブレーカーを着て作業していたが、右袖にペンキが
ついて焦った!が ほとんど目立たないので ほっとした・・・

2回目を塗り、少し色も濃くなったが 仕事の時間となりタイムアウト!!!
家人に「3度目のペンキ塗り頼むね!仕事行ってくる!」と叫んで飛び出す。
c0204725_234867.jpg

c0204725_23484536.jpg
c0204725_23485949.jpg

帰宅したら少し色は濃くなっていたが 焦げ茶色ではない。
まあ、この色でもいいか・・・
また、どうせ塗りを繰り返すのだし。

そして ウッドデッキに置いて日陰を作っていたパラソルが ベンチと同じように
突然壊れて開かなくなった!
ネットで探して ハンドルを軽く回して広げられるタイプの人気パラソルを
注文して 先日到着。これは楽チン!早く広げた~~~い。



でも、いつまでたっても広げられない!
まるで夏日だったのに、なんとペンキ塗りの日から ずっと冷たい雨、雨、雨・・・寒い。
バスツアーも雨。
昨日も今日も 雨。
夜はストーブで暖まり。

まあ、これが6月の わが町の正しい気温なのだけど。
夏みたいだった数日は なにかの間違いだろう。

さて、マゴちゃんの運動会は14日に迫った。
マゴちゃん1号は これが最後の運動会なのですぞ!
神さま この日だけは雨を降らせないで・・・

さて お煮しめや赤飯などの ばぁばメニューを考えましょうか。
当日は、母と娘の運動会メニューの楽しい競演です!

北海道も初夏です。
先週は雨不足が心配なほど 快晴の日々。
まるで夏のようでした。

カタクリの公園は こんなふう・・・
c0204725_23582977.jpg
c0204725_23584780.jpg

c0204725_2359785.jpg


田んぼは こんなふう。
c0204725_2359358.jpg

c0204725_23595662.jpg

c0204725_001555.jpg


でも、また雨の夜・・・
by yuko8739 | 2014-06-10 23:08 | | Trackback | Comments(0)

PCクラッシュ!Ⅱ

3月8日、大手術を終えたPCを抱いて 家に帰り 喜び勇んでメールを送ったら・・・ん?
いつまでも 送信済みにならない。

なにこれ! netが通じないじゃないの。
どうして? 

それから昼ごはんもそこそこに PCにへばりついた。
何が悪いの?どうして netが通じないのか・・・
私の長~~~い1日が始まった。

何度も、何度も ネットワークキーを書き込み、無縁LAN接続の設定を繰り返す。
刻々と時間だけが過ぎ、頭はぼおっとして 目も辛い。
気がつくと 夕ご飯も食べずに 夜中の12時・・・なのに 空腹も感じなかった。


接続のひとつもできないのかと、情けなさがこみ上げる・・・
そして どういうわけか、まとめてしまっていたはずのプロバイダーや
光通信の資料が いくら探しても どこにもない。

焦っているせいか 大事にしまいすぎたのか 探せないのだ。
大事な書類が ひとつも出てこない。

リフォームで作った 棚の上の重たい整理BOXを 何個も 何個もおろしては 
なかの書類を出して探すのだが、ない。

自己嫌悪と情けなさ・・・もう私には 重要書類を管理する能力もないの?
泣きたくなった。こういう地獄を経て 再びSさんにSOS。

出張で設定をしてもらうことに決めたが、土日を挟んで作業は休止。
何度もtryしてみたが やはりだめ。自分でやるのは 諦めた。

どうして 設定が変わってしまったのか・・・もう なにがなんだかわからない。
ただ、投稿は無理だが こうしてブログの原稿は ワードで書けるようになった。
無線でつながるプリンタが使えないのも 不便この上なし!



PCのおかげで どれほど便利で お得で 納得のサービスを受けられるか。
文章を書くのも 仕事の情報管理も ブログやmy新聞の発行も、各サークルの資料や
通信制作や家計簿にも。

写真の整理、画像加工、パンフ作り、ホテルや飛行機チケットの予約、映画の時刻、JRの運休も。
天気予報や価格com、地方の店では買えないもの・・・

メールのやりとりは気軽で気楽。相手を邪魔しない。
もう PCなしの生活はありえない。

TVはなくても PCと音楽と新聞と本があれば 私は暮らせる・・・ 
たかがこの機械1台が機能しないだけで このように混乱するとは 本当に情けないけれど。

人生の後半、50歳からほぼ独学で始めたPC生活だった。
目標はmy新聞の発行とブログの開設。
数年で ふたつの夢をどうにか実現した。
万年初心者でも 長々とやっていれば 明かりは見えるものだ。

そして 今はこうしてPCと共に 人生を歩んでいる。
早くこの原稿を 投稿できますように。


(PC達人の助けを借りて、3月11日昼前にnet開通!!!)


あ~~~~~~あ、長い7日間!
データ救出やHD取り換えなどの費用は 運が悪かったとしても バカにならない金額。
中古PCくらいは 買えたかな・・・

c0204725_15501854.jpg

by yuko8739 | 2013-03-11 16:27 | | Trackback | Comments(0)

PCクラッシュ!Ⅰ

3月5日、さわやかな朝、のんびりメールチェックをしていたら、いきなりPC画面に恐ろしい警告が出た。
「HDが壊れた可能性があります。すぐにバックアップデータを取り、修理に出してください」(大意)

何かの間違いだろう・・・まだこのPCを買ってから 2年しか経っていない。
でも もし本当なら・・・全身から血の気が引くような気分。

仕事も 趣味もデータは膨大に このPCのなかに入っている。
頻繁にバックアップを取っているわけでもない。
もう来週初めには 仕事の予定。

青ざめた顔のまま、家人を呼び 外付けのHDにデータをバックアップした。
なんだか、容量が足りないようだが、始めてしまったので もうやめられない。
何時間もかかって バックアップが終了したので、シャットダウンした。

すぐに、PC修理専門家SさんにAPを取り、翌日機械を持参し話を聞いた。
Sさんは専門家らしく てきぱきと今起きている事態と今後予想される
危機の内容などを詳しく説明し 私に対応方法を聞いた。

ずっと胸の鼓動がどきどき、仕事でPCを使わないわけにはいかないので、
頭が真っ白、顔面蒼白・・・年代物の外付けHDに入っているデータは
圧縮した形なので 無事かどうか見ることもできないので 保証できない。
破損したかもしれないと聞いて、私は即決した。

「データを救出してください。無事にHDから 取り出してください!」
自然の花々、おいしい料理、趣味で写してきた 下手でも膨大な写真の数々。
日記のように綴った文章、手紙の下書き、創作?のようなもの。

家事、家計管理、健康メモ、料理のレシピ、netの買い物コーナー、
アマゾンからの本の購入履歴。映画館の情報。
ああ、PCがなかったら 私の大部分の情報が失われる・・・
それが 正直な実感だった。

なるべく早めに HDを取り換えて、救ったデータをPCに戻すという
やり方を 迷うことなく選択した。

どうして こんなことに?
「理由はないのです。運が悪かったということだけですよ。
予兆もなかったということは、交通事故や隕石落下みたいなものですから」
そうか、理由などはないのか・・・

「PCの電源は 切らないでずっとスリープ状態にしておくほうがいい。
そのほうがHDに負担が少ない」というある人の言葉を信じて そうしていたが、
それは間違いだったらしい。

2時間も使わないなら ちゃんと電源は切ったほうがいいということだった。
ああ、間違った情報を信じて ずっと昨年から そうしてきた私。
それもHDには 負担だったのかな・・・

HDはT社が外国で製造したもので、「これは あまり評判がよくないようですね」とSさん。
「買ってすぐに もう悪い状態だったかも・・・」お客は 誰もそんなことは知らない。

しかし 仕事で使うので 私がよほど困った顔をしていたのか、Sさんは夜を徹して 
食事も後回しにして データを取出し、HDを取り換え、ほぼ一晩で 直してくれた。


翌日 PCを受け取りに行き、結局モバイルPCをもう1台買えるくらいの
修理代を支払った。あまりに早く直してもらって うれしさのあまり 私はお礼に 
お菓子「フロランタン」を焼き、手作り味噌も持参した。
グルメなSさんは とても喜んでくれた。


しかし・・・それからが私の地獄だった・・・
by yuko8739 | 2013-03-11 12:50 | | Trackback | Comments(0)

和菓子と花瓶

大好きな和菓子屋さんの店先に 桜餅とうぐいす餅が並んでいた。
雪に埋もれる毎日だが ひと足先の季節に こころは飛んでいく。
その色、その形が 自分のなかの春のこころを 目覚めさせてくれる。

桜色のもち米の 艶やかさ。
うぐいす餅の なめらかさ。
惜しみつつ それを食すと あずきが香り、口福(こうふく)とは まさにこのこと・・・
c0204725_9542734.jpg



今月は 思いがけない出会いで 花瓶たちが わが家に加わった。
花屋さんで買った花瓶。
c0204725_9554092.jpg


仕事で行ったコミュニティ施設のショップコーナーで ひとめぼれした花瓶。
花を活けずに ただ 眺めているだけでも どれもすてき。
c0204725_9562129.jpg

c0204725_9564815.jpg


高価なものでなくても 好きなものを身の回りに置いて 暮らしたいなあ。
こういうものを見つけて どきっとするのもいい気分。

日常の暮らしのなかの ささやかな幸せ・・・
by yuko8739 | 2013-01-25 09:58 | | Trackback | Comments(0)

いよいよ完成!娘の新居

7月23日に地鎮祭をした娘の家が、いよいよ完成した!
(地鎮祭)
c0204725_15421911.jpg

(建築中)
c0204725_15435345.jpg


(オープンハウス当日)
c0204725_15442457.jpg


昨日また発熱した私は頭痛が辛くて 再度病院に行き、血液検査や
レントゲン検査もして抗生物質ももらって飲み始め、 少し体調がよくなった。

娘の家は12月22日(土)から数日間、建設会社の
モデルハウスとして一般公開される。
なぜ、気候のいい季節に、モデルハウスの公開をしないのか、
行ってみて やっと私は理解した。

この建設会社がアピ-ルしたいのは、高気密 高断熱そして
無垢の木を使った家に 薪ストーブを設置して「全室快適暖房」を
実感して欲しいということ。だから冬なのだ。
(玄関前の薪置場)
c0204725_1545054.jpg

(居間にいた孫たち)
c0204725_15453287.jpg



家に入って驚いたのは その温かさだった。
確かにこの日外気温は4度と高いが、それにしても居間にいた、
T建設のスタッフは、額に大汗を かいている。

2Fやその上のロフトが温かいのは わが家と同じく吹き抜けなのでよくわかるが 
ストーブから一番遠い台所は どうなのだろうと心配だった。
しかしコルクボードを敷いたキッチンは 全く寒さを感じなかった。
(2階の子ども部屋) 
c0204725_15461870.jpg

(ボール遊びもできるほど 天井が高い子ども部屋)
c0204725_15464010.jpg


台所に隣接する「保冷室」は、私のお薦めだったが やはり大正解!
台所には こういう冷たい場所が必要だし、娘の家はキッチンに 
その保冷庫があるので すごく便利。

冬場は みかんや林檎を保存しておく凍らない気温の場所、
漬物を保存する場所、お正月には 作り置きしたお節などを 
保存容器に入れて ここに置いておけばいい。

キッチンの収納棚は「絶対に引き戸が使いやすいよ!」と私が強調て、 
使いやすい引き戸になった。
主婦は台所にいる時間が長いので とにかく使いやすくて ストレスのない
キッチンが一番だと思う。
(キッチン引き戸収納と奥にある保冷室)
c0204725_15473584.jpg

(対面キッチン)
c0204725_1548720.jpg


小さなお子さんを連れた 若いご夫婦が 何組がこの家を見に来ていた。
あちこちじっくり見て 「うちもこんなふうに したいね」とか、
「薪ストーブってこんなに 温かいのか!驚いたね」などど 話している。

孫達もいて ちゃっかり しっかり 薪ストーブならではの焼き芋をおいしそうに 
ほおばっていた。(薪ストーブで焼いたホクホク甘い焼き芋をもらって、お土産に)
c0204725_15512570.jpg

「もうすぐ 引っ越しだね!うれしいでしょ?」
「うん、クリスマスに行くからね、ばぁば早く風邪を治してよ!」
「了解!」

すっかり暑くなって オーバーを脱ぎ マフラーも取る人や 
汗をかいている赤ちゃんもいて この家の温かさは すごいなあと実感。

マスクをしながら なるべく人と離れながら 風邪をうつさないように
忍者のように どうにか見学を終えた怪しい?私・・・

さて、1月半ばの引っ越しが終ったら みんなで 新居完成乾杯!と
秘蔵?のワインで乾杯して あのおしゃれなロフトで まずは一泊しますか・・・
(居間から見上げた吹き抜け)
c0204725_1552540.jpg


by yuko8739 | 2012-12-22 15:55 | | Trackback | Comments(0)