人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

2018洞爺湖温泉一泊忘年会

10月が超多忙だったが、やっとゆっくりできそうな日がやってきた・・・
まだまだ漬物作業は 終わらないが。
最初のニシン漬けと白菜漬けは もう食べられるようになったし、
たくわんも仕込んだ。
c0204725_12455237.jpg

今は母や妹、娘や孫に 道産子ソウルフードのニシン漬けを届けては
喜ばれている。
c0204725_1313086.jpg


c0204725_13132252.jpg

気温が思うように下がらないので 漬物は物置ではなく屋外に設置。
この数年は暖冬のせいか 漬物がうまくできない・・・
漬ける時期が小春日和で ぽかぽか暖かすぎる。
過ごしやすいのはうれしいけれど、減塩の漬物は乳酸発酵が進む。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんななか、友人たちと連れ合って 忙しい師走の前に
早めの温泉忘年会に出かけた。
この日も11月の半ば近いのに 気温はそんなに低くはない。
ホテルまでのドライブは、終りかけの紅葉時期だったが、 
山々の所々で真っ赤なもみじやカラマツや銀杏の
金色の紅葉も美しかった。

桜の葉のなんともいえない優しい紅葉が 洞爺湖畔には多い。
アズキナシの木は 真っ赤な実がいっぱいで花が咲いたよう。

ホテルの大きな窓から見えるドウダンツツジや紅葉も 紅く燃えている。
穏やかな洞爺湖に浮かぶ中島と 遠くに雪を頂く羊蹄山の
姿はいつ見ても 本当に心の安らぐ美しさ。
ずっと見とれていた。
c0204725_12474171.jpg

こここそが 私の最も身近な「ふるさとの湖」
沢山の思い出も 懐かしく脳裏に浮かぶ。
8階のホテルの部屋から 写真を撮った。
友人が予約してくれた忘年会だが、なんとウエルカムフルーツ付き!
ありがたく、おいしくいただいた。
c0204725_12463290.jpg


普段は忙しくて なかなかゆっくり話ができないが、 
この日は 美しい湖を眺めながら いつもは話せないことも
静かにのんびりと 語り合った。
長年の気心知れた友だちは 値千金!

夕暮れ近くになると かすかにばら色の夕陽が空と羊蹄山を染める。
この湖に この羊蹄山はよく似合う・・・
遊覧船が桟橋を出てゆく。
すばらしい景色に満たされて 幸せな私たち。
c0204725_1248103.jpg

c0204725_12491790.jpg

夕食はダイニングで 海山の幸を堪能。
冷えたビールもすてきなグラスで頂けば 一段とおいしい。
c0204725_12513284.jpg


c0204725_12515511.jpg

部屋に戻り また会話は弾み 大浴場でゆっくり温泉を楽しむ。
季節の「りんご風呂」や「薬湯」で体も心も真から温まった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌朝も晩秋の快晴の青空!穏やかな天気だった。
また 洞爺湖と羊蹄山を眺める。
c0204725_12524352.jpg

「気持ちがいいね・・・」
「幸せだね・・・」
朝風呂で 露天の風景を愉しみ 朝食のバイキング。
遅いチェックアウトに合わせて ゆっくり過ごした。
c0204725_12533518.jpg


c0204725_12522190.jpg

c0204725_1652566.jpg


c0204725_1742232.jpg

帰りはまた 行きつけの果樹園に寄り、お目当てりんご(紅将軍)が
欲しかったが もうすでに旬が終ったそう、残念・・・
別の旬リンゴとスチューベンという黒葡萄を買った。

帰宅途中で 洗い大根を干してくれていた米農家さんに寄り、
大根70本以上(ふたり分)を ようやく積み込んで帰宅。
大慌てで家族を呼んで 大根をデッキに運び 
皮をむき 半切りにして すだれに編んで干した。

洞爺湖と羊蹄山の優雅なひとときから あっという間に日常復帰!
ばたばたと小雨のなか、デッキの物干しざおに半切り大根を吊るす。
これを下漬けにしたあとに 本漬けになる。

数日干したら、酢漬けも仕込む。(赤カブの皮は酢漬けの色付けに使う)
でも家族の協力もあって数時間で終わってほっとしたが、雨になった。
気温が高くて 漬物の季節は いつも不安・・・
c0204725_1314244.jpg


c0204725_13145215.jpg

c0204725_1315580.jpg


by yuko8739 | 2018-11-09 11:21 | 友達 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/29839792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。