人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

2018秋の海岸清掃ゴミ拾い

10月初めの小春日和の日は、隣町の東浜でゴミ拾いをした。
この数年は、毎年数回ほど海岸清掃に参加してきた。
今まで海岸清掃でゴミ拾いをしていたのは 遠くの海岸だったが、
この日は はじめて行く海岸だった。

隣町の市街地からさほど離れてもいない浜には、
意外だったが 漁をする魚船や船溜まりがあった。
こんなそばに 漁港があったたのか・・・
遠くの砂州には 釣り人の姿も。
対岸には 函館方面森町の北海道駒ヶ岳も見える。
c0204725_10244821.jpg

c0204725_10251136.jpg


c0204725_10255519.jpg

9時半に集合し、自然の会のメンバー5人と共に、
テトラポットのすき間や波打ち際、
そして船溜まりなどのゴミを拾った。
c0204725_10261573.jpg

c0204725_10265665.jpg


c0204725_10271684.jpg

海なので寒いと思って厚着したが、風もなく穏やかな日なので
すぐに汗だくになってしまった。
ゴミは予想通りに ペットボトルや空き缶、ビニールの破片などが多かった。
c0204725_10273847.jpg

c0204725_1028558.jpg


c0204725_10282964.jpg

プラゴミは紫外線や波で細かく砕かれ、マイクロプラスティックとなり、
海底に沈み、それを魚たちが食べてしまう。
その魚を食べるのは人間・・・

捨てたゴミは世界中の海を汚染しつくし、最後には人間の胃袋に入る。
そういう循環が見えると、恐ろしくてゴミなど捨てられないが。
何年間も繰り返しゴミ拾いをしても、また海岸に波がゴミを運んでくる。
海は世界とつながっている。

できることは限られているが、何もしないでいるわけにはいかない。
ゴミ拾いをすれば 拾ったゴミは2度と海に戻らない。
そして海岸のゴミは 目に見えて激減する。
この日、私たちは可燃ゴミ袋5つと不燃ごみ2袋分のゴミを回収した。
(他団体もゴミ拾いに参加)
c0204725_10345290.jpg

昼近くになって帰る頃に、海岸沿いの道路わきに
赤い実をいっぱいつけたハマナスに いい香りのハマナスの花も
1輪、2輪咲いていた。
穏やかな暖かい小春日和が続いたので 初夏と間違えたかな。
c0204725_102915.jpg


c0204725_10291837.jpg

ツルウメモドキもいっぱいあって、黄色い実をつけていたので、
数本の枝を もらって帰った。
黄色い実の殻が割れると オレンジ色の種が見えてかわいい。
真っ赤なノイバラの実も たくさんあった。
c0204725_1032057.jpg

暖かくて気持ちがよかったので また果樹園までドライブ。
待望の「あかね」を販売していたので うれしかった。
甘酸っぱいりんごを買って帰宅。 
c0204725_10295341.jpg



自宅に飾ったツルウメモドキは、ひと晩であっという間に黄色い殻が割れて
オレンジの種が見えてきた。
c0204725_10574885.jpg

c0204725_1058753.jpg


by yuko8739 | 2018-10-06 19:50 | ボランティア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/29781242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。