人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

2017春を探しに

わが自然の会主催、今年初めての自然観察会が行われた。
初回はいつも同じコース「春を探して」・・・

2日続いた冷たい大雨のあとで、最低気温も2度と低く。
寒さと雨で野の花は 傷んでいないか心配だった。
その日は幸いに晴れて 気温も日中は10度まで上がるという。
  
冬を超えて春に自分が今、生きていることを最もうれしく
実感するひとときだ。
最初の散策予定地は 何日か続いた低気温のせいで 
カタクリはしっかりと身を守り 咲いているのはわずかだった。

すぐに次の予定地、太平洋岸の絶壁の落葉樹間を巡る遊歩道に向かう。
「地球岬緑地散策路」ここでは 春の妖精と呼ばれる野花たちを
ほとんとすべて見ることができる。
c0204725_14252731.jpg

c0204725_14255869.jpg


c0204725_14262230.jpg

20名ほどのメンバーが海風に備えて しっかりと温かい上着を着込み、
散策路に入ると、すぐに目に入ったのはシラガゴケ?という木に着生する苔。
c0204725_14283694.jpg


珍しいトイシノエンレイソウやコジマエンレイソウを発見。

c0204725_14302739.jpg

c0204725_1431342.jpg


c0204725_14313277.jpg

キクザキイチゲやニリンソウ、エゾエンゴサク、カタクリなどが
次々と目に入る。しかし、やっぱり満開状態ではなく、咲き始めだった。
c0204725_14321848.jpg

c0204725_14325437.jpg


ここに多いオオバキスミレも散策路沿いに たくさん見つけた。
c0204725_14354423.jpg

ここには 愛らしいタマゴケもあり、日の光を浴びて気持ちよさそうに
きらきらと輝いていた。
c0204725_14374681.jpg


c0204725_1438476.jpg

それでも空の青、樹幹から覗ける海の青が 美しく!!!
大雨のあとの快晴のなか、次々に花を見つけて皆の笑顔がこぼれる。
春はいいなあ、気持ちがいいね、そんなふうににこにこと散策は続く。
c0204725_14432765.jpg



時折り、小鳥の美しい声に「これは、ウグイスかな?」
「シジュウカラも こんなにいい声で鳴くの?」
野鳥の会のSさんと、木々を見上げながら みんなで鳥も探す。
c0204725_14454181.jpg

水の流れをせき止めた小さな池で、また、エゾサンショウウオの
卵塊やオタマジャクシを発見!
c0204725_1439477.jpg


c0204725_14413149.jpg

ぷよぷよの透明な寒天のような卵塊のなかに ひとつひとつの卵に
命がある、春に生まれるかけがえのない命。
c0204725_144279.jpg

c0204725_1442345.jpg


そこには2種類のオタマジャクシが 黒い固まりにみえるくらいに 
数か所に集まり 春の日を浴びていた。
春の命の迫力は すごい!

遠く函館方面の雪を抱いた駒ケ岳が 樹間から透けて見える。
春の海も なんと美しいことだろう。
わが町の観光名所でもある 外洋に面した絶壁の奇岩や 
小さな入り江にも 心奪われる。c0204725_1450156.jpg

c0204725_1447398.jpg


散策路は上がったり、下がったりして階段も多く、けっこう汗をかく。
ゆっくりと花と対話しながら 2時間ほどの散策は終わり、
弁当を持参した人が残って おいしくランチを楽しんだ。
c0204725_145239100.jpg

c0204725_14521011.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お昼の後で 居残り仲間を誘って湿地に野草を見に出かけた。 
この湿地には、ミズバショウや もう終わりのエゾノリュウキンカ、
キクザキイチゲやニリンソウ、キバナノアマナなどが群生。
カタクリやエゾエンゴサクも 静かな広い湿地で
うれしそうに咲いていた。
c0204725_15143995.jpg

c0204725_15152612.jpg


c0204725_15155047.jpg

c0204725_15162784.jpg

c0204725_15164512.jpg


c0204725_15171023.jpg

c0204725_15174110.jpg

c0204725_1518978.jpg


c0204725_15184110.jpg

c0204725_15191082.jpg


c0204725_15193187.jpg

c0204725_15195679.jpg


ここは歴史的な遺跡がすぐそばにあり、時期になると 見事なシダレザクラも咲く。
その桜の下にも 公園周囲にもニリンソウの群生が広がっている。

GWの頃には 花見弁当を広げる人やスケッチブックを広げる人。
もちろんすごいカメラで桜を写す人もやってくる。

そこで今日の会の仲間と別れて 帰宅した。
故障した左ひざが少し痛むが この日の散策は魂が
春に向かって解放され 自然からの深い癒しを実感した。

神さま、すばらしい1日をありがとう・・・
by yuko8739 | 2017-04-24 15:24 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/26610176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。