ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

春の妖精たちに会う/映画「弁護人」

c0204725_16231624.jpg


















旅から帰って 連日予定がへし合い、混みあい。

会議や仕事、総会や映画試写会の手伝いなど、など・・・


先日は 韓国で国民的な大ヒットの映画「弁護人」を
みに行く
途中に 毎年春に濃い紫色のキクザキイチゲの咲く

秘密の場所に行ってみた。


気温が急に上がり、17度とか。薄着でも寒くなかった。

もしかしたら5月の末くらいの気温だろうか。

今年は花が咲くのが 早い。

その場所に着いたら、驚くくらいに春の妖精たちがいっぱい。

福寿草やキクザキイチゲ、カタクリ、ナニワズが満開!

いい春だなあ・・・

c0204725_16235319.jpg


c0204725_16252187.jpg
c0204725_16222751.jpg























東京でみた百花繚乱の花の感動が まだ心に残っているが、

北海道の山のなかの この切ないような可憐で小さな
春の花の営みは 胸を打つ。

c0204725_16250069.jpg

















c0204725_16243415.jpg
c0204725_16224393.jpg

















少し離れると 枯草のなかの花は見えない。

近づいてやっとわかるくらい小さな白、黄色、うす紫、
ピンク、濃い紫の花々。 

c0204725_16331188.jpg













c0204725_16323200.jpg
c0204725_16335427.jpg





















広葉樹が葉を広げる前の今だけが、太陽の光を全身に浴びる
チャンス!とばかりに 春の妖精たちは堅い土のなかから
枯草をかき分けて すっくと伸びて
花を咲かせる。

c0204725_16342695.jpg
c0204725_16341053.jpg






















この花に虫たちがやってくる。

アリや小さな蜂やハナアブが 受粉の手伝いをする。

そして小さな実は 7年もかけて花を咲かせる。

命の仕組みのその絶妙のタイミング、命を継ぐための
巧妙で精緻な
戦略は 見事としかいいようがない。
あっというまに姿を消す、春だけの妖精たち・・・

動かない植物の なんとすごい作戦だろう。

地球の歴史のなかで 植物の果たす役割の大きさを思うとき 
深い思いがひたひたと
胸に押し寄せる。
植物がなかったら 地球の今はなく、
人類は誕生できなかったと思う。

花たちよ、暗い冬の寒さに耐えて 今こそ存分に

その花びらで 光を、命を 捕まえよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

韓国で1100万人の観客を動員した映画「弁護人」をみてきた。
軍事国家権力と戦う、若き弁護士の物語。
彼のモデルとなったのは実在した大統領故ノ・ムヒョン氏。
青年弁護士時代の事件を描いている。
演じたのは、韓国の実力派俳優ソン・ガンホ。

韓国の軍事政権が 若者たちを共産主義者とでっち上げて
凄絶な拷問のはてに なき罪を告白させて有罪にする。

国家が権力を持つと、憲法に記された人権など、もろいもの。
その恐怖が 映画の後半で胸を締め付ける。
他の国の話ではない。

日本はどうなのだ。
共謀罪に賛成する国民が多いなんて!絶句するのみ。

自分の首を 自分で締めているようなものではないか。 
隣国の民主主義の遅れを指摘するよりも 自国の戦前回帰の
きな臭い風潮に強く抗い、恐怖に対抗しなくては。

主権在民!と、映画のなかで弁護人(ソン・ガンホ)は 
命がけで血を吐くように 叫んだではないか。

国家が、国民の上に「国家」を置こうとするとき、
憲法が記した人権は 滅亡に向かう。






by yuko8739 | 2017-04-18 17:13 | 自然・季節 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/26594789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-04-20 09:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuko8739 at 2017-04-21 10:49
Ataronさま、いろいろと教えていただき、ありがとうございました。9年前に何もわからずに始めたブログですが、投稿がうまくいかない経験に戸惑い、当惑し、困り果てていました。

しかし、新しい投稿画面の使い方まで丁寧に教えていただき感謝しています。
次回の投稿では、Ataronさまのやり方で試してみようと思います。(先に写真を張り付けるのですね)

私は文章を書くのが好きなので、「文章先にありき」なのですが・・・
でも新しい投稿画面に慣れていくほうがいいという、あなたさまのご指摘に従って、自在に投稿できるように努力してみようと思います。

丁寧に、わかりやすく説明していただき、ありがとうございました。感謝しています。
                   yuko
Commented at 2017-04-21 22:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。