ゆうゆうタイム

はじめての入院Ⅱ

入院3日目
いよいよ、脳内血管にカテーテルで造影剤を注入する検査の日。
緊急手術が入り、予定が遅れて午後4時過ぎからスタート。
大きな検査に 緊張が高まる。
さまざまな準備をして 検査室へ。

今年5月に新設した 新しい装置の置いてある大きな検査室で
頭を固定して 脳内の血管を撮影する。
医師が足の付け根(そけい部)の動脈から 脳内までカテーテルを
入れて、映像を写す。

眼のなかに 血管の映像が色彩豊かに飛び散り 
なんだかSF映画を見ているようでだった。
検査は1時間ほどで終わったが、傷口はしっかりと開かないように
厳重に固定されて、その後6時間姿勢は動かせない。

・・・ ・・・ 辛い。
しだいに 臀部が痛む。
そして空腹・・・検査とはいえ 飲まず食わずの12時間はなかなか辛い。

午後7時過ぎに、食事がやっと許可され お握りやおかずを ベッドで
寝たままで食べた、病院食なのに・・・おいしかった。

夜11時、8時間ぶりに やっと動けるようになった、解放感!
歩いてトイレに行く。
夜の雪の街を窓越しに 長く見つめていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌12日 入院4日目
脳の血流を調べる検査。
検査室で、頭をしっかり固定して 血圧計を巻き、 心電計もセット。
医師が来て 右腕の動脈に造影剤を注入。

1時間は 顔をぴくとも動かせない、もちろん からだも!
ベルトでからだも 固定されている。
なんだか緊張して 少し疲れた、寝る前に毎日抗生剤の点滴。

入院5日目 
息子が持ってきてくれる、「ごはんの友」自家製梅干や紅鮭の粕漬けが
なんともおいしく、うれしい。
家人は新聞好きの私に、毎日新聞を配達してくれた。
嗅覚もほとんど 復帰したが、鼻づまりや咳はある。

微熱36.8度で、かすかに頭痛。
やっと入浴が許可になった。
最高に 気持ちがよかった・・・いいなあ、お風呂って。
さっぱり、すっきり。


そして 炎症反応が下がらないため 数日抗生剤の点滴が続き、
7日目に 検査の結果を含めて 医師の説明を受けて 退院となった。

退院する日に ようやく炎症反応が下がり、平熱になった。
その日から 抗生剤の飲み薬を処方された。
by yuko8739 | 2017-01-16 11:52 | からだ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/26324117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 退院して はじめての入院1 >>