ゆうゆうタイム

2017年あけましておめでとうございます

~初暦見知らぬ月日は美しき~
あけましておめでとうございます


2009年秋から始めたこのブログは、今年2017年で8年目となります。
私にとっては書く場所ができたということは とても大きなことでした。
今までの私は 文章を書くということが 最も楽しく充実した自己表現だったからです。

書くことで 自分の感情を確認し、深く味わい、そしてこのブログによって
自分の日常を 形にすることが可能になりました。
あれから8年、今もこの生活スタイルに大きな癒しと満足を感じています。

こんなふうに書きながら 思い出は日々魂に定着するのです。
振り返る歓びも大きくて、私はこうやって このブログと共に
生きていることを 実感しています。

こういう場を続けていくことは 大きな歓びです。

昨年も拙文を読んでいただき 感謝申し上げます。

本年もよろしく お付き合いくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大晦日とお正月、新年を迎えるために 今までと同じように
同じことをすることができた、一家の中心にいる主婦として。
大掃除をくり返した日々、お正月の用意、料理を段取りもよく。

ときに自分の能力が 以前より劣ってきたと感じる私にとっては
そのことは なによりも善きことと感じる。
なにげない日常をキープできることは、尊く誇らしい。

2017年も 「神は細部に宿る」
些細なことを丁寧に積み重ねて 暮らしていこうと思う。
ますます自由な魂で。

来客のない元旦の夕刻前に 散歩に出た。
年の初めの太陽が 雲間からまぶしい黄金色の光を放っていた。
徐々に 太陽の色はオレンジ色に変わり、バラ色の雲間に静かに消えた。

穏やかに 暖かく過ぎたこの1日から 新しい年が始まる。
どうか みなさまにとっても よい1年となりますように・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

世界で一番貧乏な大統領と呼ばれる、ホセ・ムヒカさんの
珠玉の言葉を 年のはじめに 深く噛みしめたい。
(朝日新聞デジタルより引用)

「貧乏とは、欲が強すぎて満足できない人のことです」
「少ししか物を持っていなければ、その物を守るための時間も少しで済みます」。

「自分の時間を、好きなことに使っているときが、本当に自由なときなのです。
時間であふれることこそ、自由なのです」

「物を持つことで人生を複雑にするより、
私には、好きなことができる自由な時間のほうが大切です」

「余裕のある者は弱者を助ける義務がある」
「人生はもらうだけでは駄目なのです。まずは自分の何かをあげること」

「みんな誤解しているね。私が思う『貧しい人』とは、限りない欲を持ち、
いくらあっても満足しない人のことだ。
でも私は少しのモノで満足して生きている。質素なだけで、貧しくはない」

「モノを買うとき、人はカネで買っているように思うだろう。
でも違うんだ。そのカネを稼ぐために働いた、
人生という時間で買っているんだよ。」

「生きていくには働かないといけない。でも働くだけの人生でもいけない。
ちゃんと生きることが大切なんだ。
たくさん買い物をした引き換えに、人生の残り時間がなくなってしまっては
元も子もないだろう。簡素に生きていれば人は自由なんだよ」

「効率や成長一辺倒の西洋文明とは違った別の文化、別の暮らしが
日本にはあったはずだろう。それを突然、全部忘れてしまったような
印象が私にはある」

「このまま大量消費と資源の浪費を続け、
自然を攻撃していては地球がもたない、
生き方から変えていこう、と言いたかったんだ。
簡素な生き方は、日本人にも響くんだと思う。

「ファナチシズム(熱狂)は危ない。
左であれ右であれ宗教であれ、狂信は必ず、異質なものへの憎しみを生む。
憎しみのうえに、善きものは決して築けない。
異なるものにも寛容であって初めて、人は幸せに生きることができるんだ」

「私たち政治家は、世の中の大半の国民と同じ程度の暮らしを送るべきなんだ。
一部特権層のような暮らしをし、自らの利益のために政治を動かし始めたら、
人々は政治への信頼を失ってしまう」



by yuko8739 | 2017-01-03 00:31 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/26287464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2017我が家の新年会 年越しいろいろ >>