ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

2016味噌の仕込み

腰痛が治ったので 昨日は味噌1セット(できあがり8kg)を仕込んだ。
もう30年近く続けている仕事なので 慣れたもの。
準備は前日からはじまる。

大豆をよく洗って たっぷりの水にひと晩漬けておく。
麹と塩を混ぜ合わせてもみほぐし、塩きり麹を作っておく。
混ぜるときに使う樽や保存容器を用意する。

朝から 水につけて置いた大豆を そのつけ汁で煮る。
あくを取りながら つぶしてくにゃっとなるくらい煮て冷ます。
粗熱が取れたら フードプロセッサーで砕く。
c0204725_10572345.jpg

c0204725_10574076.jpg


c0204725_1058449.jpg

わが家のフードプロセッサーは 30年近い年代もの。
その頃は「フードカッター」という名で、無水鍋の会社が販売していて、
無水鍋といっしょに購入した。

これはステンレス製で軽く、今も本体が重いガラス製品が多いが 
手入れも簡単で 割れることがない。
味噌作りでも酷使し、日々使用しているが 全く壊れない。

調べてみたら 福島にある山本電気というモーターのメーカーで、
自動車や掃除機のモーターも手掛けている。
今も この会社のフードプロセッサーは 大人気。
(amazonの評価は 4.9と 最高の評価)
次も 私はこの会社の製品を買おうと決めている。
c0204725_10582619.jpg

c0204725_10583928.jpg


細かくした大豆と塩きり麹を合わせ、ゆで汁で堅さを調整。
樽のなかでまんべんなく混ぜる、力仕事だ。
それを味噌玉にする。

そして保存容器を焼酎で消毒してから 容器の底に味噌玉を
えいっと打ちつけるように 重ね入れる。
これは 空気が入らないようにするため。

味噌玉をすべて入れたら 表面を平らにして塩をふり、
また焼酎をたっぷりふりかける。
たった数時間の仕事で 来年の秋から1年間も絶品味噌を食べられる!
c0204725_1059443.jpg


去年仕込んだ味噌の表面に けっこうカビが出てしまった。
カビは取り除いて 味噌はおいしく食べられるが 
取り除く分が 少しもったいない。

「味噌の上に板粕を乗せておくとカビない」そんなnet情報があったので、
あとで板粕を買って ガーゼをひいてから乗せてみよう。
味噌ができてからはその板粕もおいしので、そのまま食べる。

酒のあてにもなり、料理にも使えるし、もちろん味噌汁に入れてもOK。
肉や魚を漬けるのもおいしいとかで、いいことづくめ。

さて、煮た大豆を冷ます間に、大好きなセロリベーコンパスタのランチ。
c0204725_10593473.jpg

c0204725_10594674.jpg


この時期は 大束で柔らかいセロリが道の駅で手に入るので、
また セロリのマリネも仕込んだ。
こういう野菜のサイドメニューは大好き。
c0204725_11271146.jpg
明日から また孫ちゃんが週末めがけて我が家に宿泊予定。
なにを作ろうかな・・・
by yuko8739 | 2016-11-19 10:32 | おいしいもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/26161296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。