人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

発明家・道脇裕氏の言葉/旅から帰宅して

NHK「プロフェッショナル」(11/14)放送
ニッポンの天才発明家「緩まないネジとは」
発明家・道脇裕氏の言葉に 深く胸を打たれ 感動した。
(以下引用)

自分だけで生きているのではないから、
いろんな人に支えられながら存在できる
みんながいてくれる

いろんな生命体があって
いろんなものがあってくれるから
今日を越えられる

自分のためだったら 存在する価値がない
だれかのために
なにかのために 
生きる

「頭は こころの道具」


これが小学校を5年で中退した天才、道脇氏の言葉。
なんてすばらしい!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ツアーに申し込むときは 仕事とボランティアの都合しか
考えなかったが、漬物の仕込みの時期も この旅と
完全に重なっていた。

夜遅くに帰宅した翌朝は 早速味噌漬け用の大根を本漬けに。
行く前には ばたばた焦って沢庵と今年初の赤カブの甘酢漬けも仕込んだ。
c0204725_1150414.jpg

c0204725_11505627.jpg


c0204725_11511190.jpg

(色付けのために 赤カブの皮も入れた)
c0204725_115131100.jpg

c0204725_11514613.jpg


昨日は、仕事の帰りに隣町の道の駅で ニシン漬けのキャベツや
白菜を買ったが、あまりの価格に「野菜高騰」を実感!

道の駅の野菜は市価に比べたら安いのだろうけど 今日はキャベツも
白菜も例年の倍以上の値段で、主婦たちの顔もくもりがち。

甘酢漬け用の白カブと大根が足りなかったので、それも買い足し、
帰宅して皮をむいて 再度干した。

漬物は基本的には 塩を使った野菜の保存食。
それに人の手や自然界にある発酵菌が作用して おいしさを生み出す。

厳寒の冬には ひと手間かけておいしくなった漬物は
ありがたく、おいしい。
この時期の父母の思い出と共に 北海道の漬物を
どうにかして続けようと思う。



仕事の帰りに立ち寄った川沿いの公園の所々に ドウダンツツジがゆく秋を
惜しむように 紅く燃えていた。
c0204725_11531245.jpg

c0204725_1153297.jpg


c0204725_11534367.jpg

by yuko8739 | 2016-11-15 11:33 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/26150239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。