人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

秋の里山「きのこ闇鍋会」

雪の便りも あちこちから届く季節になった。
今日の気温は 6度~9度とか・・・
道内各地の峠越えには もうスタッドレスタイヤが欠かせない。

紅葉も一段と進むこの季節に、自然の会の「きのこ闇鍋会」が開かれた。
親から受け継いだ森で 故郷の里山作りを続けているIさんが
7年前から整備しているいつもの森で 遊ばせてもらう。
1さんと同じように 里山作りをしている苫小牧のMさんもお誘いした。

Iさんの森に着くと すでにテーブルと切株の椅子が並べられ、
にこやかなIさんと たき火が私たちを迎えてくれた。
集合のあと、挨拶が終って さっそく森のなかへ。
c0204725_14352449.jpg

c0204725_14354469.jpg


c0204725_1436175.jpg



Iさんが苦労して整備した道のあちこちに きのこがいっぱい。
雨が心配される天候だったが きのこには絶好の環境か。
みな 夢中になってきのこ探し。

その森を下ると 大きな朽ちた切り株があった。
その根元に立って Iさんが ひと昔前のこの地域の林業について
話してくれた。
c0204725_14372862.jpg

c0204725_1437597.jpg


c0204725_14383495.jpg

湿地が多い大岸区では 農業ができない。
生業として森の木を伐採して この地域の人々は生きてきたという。
その名残ともいえる 伐採されたカツラの大樹は 
人々がのこぎりや斧などの道具を使って 切り倒したという。

その頃使われた道具を手にして 伐採の方法を Iさんが解説してくれた。
昔の人の知恵や 道具のすばらしさよ!
その後 道を下って 「栗を拾っていきなさい、いっぱい落ちているから」
c0204725_14385553.jpg

c0204725_14391097.jpg


落ちている栗のイガを踏んで開けたりしながら、少年?少女?のように、
大きな栗を拾うのに 夢中になった。
次々と拾っては ビニル袋やぽけっとが満杯になった。
秋深い山の とても幸せなひととき・・・

そこから Kさんのための「エンジュの森」見学。
そこからの景色に感動した!
燃えるような真っ赤な紅葉が見えて みな興奮気味。
「きれいだね」「すごいね!」と歓声をあげて カメラでパチパチ。
c0204725_14413782.jpg

c0204725_1445488.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのあとで焚火の場所に戻り、闇鍋?の準備を始めた。
下ゆでして持参した野菜を2つの鍋に入れて湯を沸かす。
女性班が用意した大根、人参、白菜、かぼちゃ団子、肉団子や長ネギ、
豆腐の入った鍋に ボリボリやナメコなど、この森で採れたキノコを数種類入れた。
c0204725_14525881.jpg


c0204725_14531330.jpg

c0204725_14533020.jpg

鍋は醤油味と味噌味の2種類。
どちらも旨い!ちなみに味噌は 我が家の「手作り味噌」を持参した。
さすがに いい香りだった。
c0204725_14535912.jpg

他の方々は 完成したIさんのツリーハウス「彦一小屋」を見学していた。
皆さんが戻ってきたので さて「いただきま~す」!!!
鍋にみんなが集まって 競うようにきのこ汁をよそう。
c0204725_1454514.jpg

c0204725_14551615.jpg

お握りと熱々のきのこ汁が からだに沁みわたる、おいしい!!!
みんな ニコニコとお代わりを繰り返す。
2種類のきのこ汁は あっというまになくなった。

私が朝手づくりして持参した「あんこ白玉」も 好評だった。
その後、雨が降り始めたので 片づけを急ぎ おしゃべりと
珈琲タイムは この町の展望台喫茶ルームで。

そのあと苫小牧のMさんと 道の駅で待ち合わせして
おしゃべりし、おいしい生ジュースをいただく。
帰宅して孫と私の誕生祝いパーティのはずだったが 娘から連絡があり、
用事があって 明日に会を伸ばすことに。

風邪をひいて18日の誕生日に 病院に行き 薬を何種類も服用していた。
だいぶ調子がよくなっていたのに 闇鍋会の帰りには
なんだか、また不調になってしまい 帰宅して寝込んだ。
c0204725_14554925.jpg


甘かった!マタタビとコクワ。
c0204725_14561235.jpg

コウライテンナンショウ
c0204725_14563761.jpg


by yuko8739 | 2016-10-23 08:48 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/26084599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。