人気ブログランキング |

10月 母からの手紙

私は10月18日に 生まれた。
私は自分の出産のときの様子や 若い父と母の姿をときどき夢見る。
モノクロの古い映画のように。

見合い結婚した若い父と母は まだぎこちなかっただろうか。
父は やっぱり男の子が欲しかったのか。
若い母は 父を溺愛する姑との暮らしを 後悔したろうか。

私が生まれたのは 全国的な大企業が 北海道のこの港町に
建てた鉄鋼工場の木造長屋のような社宅。
近所の子どもたちがガラス窓から お産を覗こうと
びっしりと並ぶ部屋で 産婆さんに取り上げられた。

赤い顔の小さな女の赤んぼうは 快晴の美しい秋の日に産声をあげた。 
父と母のはじめての赤ん坊は 木桶で産湯に浸かった。
生まれて初めて ゆらゆらお湯のなかで 私はうっとりとした。

祖母は 初めての赤ん坊に夢中になった。 
母は 少しさみしかっただろうか。
赤んぼうは、ばあちゃん子になったから。

貧しい時代に生まれたけれど 小さな赤ん坊には
あったかくて ふわふわの手編みのおくるみや靴下。
寒い季節にも 毎日手洗いして干した 柔らかなオムツ。

寝るときにも いつもだっこ。
3歳まで おっぱいを飲んだ。
おんぶされた母の背は いつも心地よくて 
ねんねこや~と歌が聴こえた。

それに続く幼年期も 不幸せであるわけもなく。
愛に満たされ 愛に包まれて育った。
こころもからだも 風船のように愛でふくらんだ。

欲しいものすべてが 手を伸ばせば すぐそばにあった。
なんという幸せ!!!!!
父の笑顔、母のやさしさ、祖母の慈愛、犬も猫もいっしょに育った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その幸せが 今の私の生きる希望や勇気の源だ。
どんなことにも 耐えられる強さ。
愛する者を守り 育む力。
歓びと共感を持って 他人と共に生きる心。

すべてのことに好奇心を持ち 知らないことや美しいものに 感動する心。
疑わず、信じ抜く力。

全ての私のパワーは 誕生の頃や幼い時代からの
贈りもの(Gift)なのだろう。
たぶんこれは、誰でもが もらえるものではない。
そして宇宙のエネルギーのように 今も絶えることなく私に降り注ぐ。

父母からも 祖父祖母からも 叔父や叔母からも・・・
私の命を慈しんでくれた人すべてからの愛は、  
今も天の国からさえ 私に注がれている。
私はそのことがわかる、感じる・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

母が 私の誕生の10月に思いを込めた手紙を贈ってくれた。
それをひとり深夜に読みながら 
ぼろぼろと 涙がこみあげた。
涙が とまらない。

母の愛は 赤ん坊の私に注いだ愛と 今も同じだった。
柔らかなほっぺの幼い私への愛が シニアとなった今も同じ。
どんな私でも 母は同じように 永久に私を愛おしみ慈しむ。
なんと ありがたいことだろう!

だから、こんなに強くいられる。
安心して 自信を持って 自由に生きていられる。
大切だと思うものを守るために 闘うこともできる。

ありがとう・・・
そんな私を 産んでくれて。
こんな私に 育ててくれて。

母よ、私が天に召されても 
また私の母でいてね。
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/26076514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BBpinevalley at 2016-10-20 18:53
素晴らしいことですね。
読んでいて、体が熱くなりました。
お幸せなこと、心から嬉しく思いました。
そして、我が身も、同じように幸福に感じました。
お母様、まだお元気でいいですね。
羨ましい限りです。
Commented by yuko8739 at 2016-10-20 21:36
すてきなコメントを、心から感謝します・・・
ありがとうございました。
母の手紙と同じくらいに、うれしかったです。
こんなふうに、私の書いた拙文に共感してもらえるとは、なんと幸せなことでしょう!ブログを書いてきてよかったと、しみじみ感じました。      ゆう



by yuko8739 | 2016-10-20 08:00 | 家族・親族 | Trackback | Comments(2)