ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

女だけのバスツアー2016

毎年参加している、わが町のガーデンカフェオーナー主催の
バスツアーに参加した。
今年は6月の函館方面に引き続き、2回目。

北海道最古の酒蔵、栗山町の小林酒造と、TVや新聞でもよく取り上げられて
いる、有名な三笠高校の高校生が作るランチ、そして夕張ばら園のコース。

いつものことだが、このバスツアーの早朝出発が 夜型の私には
なんといっても辛い。
この日6時にバスが出るので5時前に起きなければならない。
ということは・・・4時間程度しか眠れない!

バスに乗っても 午前中の時間がなかなか長い・・・
7時過ぎには持参したお握りを 車中で食べて友とおしゃべり。
栗山町に着いたのは 9時半。

小林酒造はレンガ作りのえんじ色の蔵に 緑の蔦が絡まって美しい。
一番古い倉庫は 札幌軟石の煉瓦で作られているという。
案内の若い女性がタレント並みの解説で 楽しく場を盛り上げる。
c0204725_14445615.jpg

c0204725_145376.jpg


c0204725_14453364.jpg

酒作りは新米の収穫がはじまってから始まるので 今は休業中。
だが、売店やレストラン、昭和の暮しの道具館や小林家旧邸など、
見所は多かった。
c0204725_1446675.jpg

c0204725_1447127.jpg


c0204725_1447309.jpg

c0204725_14475678.jpg

c0204725_14481546.jpg



家族は下戸だが、私はときどきお酒を嗜むので にごり酒を購入。

その後、栗山公園で地元の野菜を買ったり ベンチに腰かけて
広大な公園にトンボが群れ飛ぶのを眺めながら 秋のひとときを堪能。

次に三笠市へGO!
三笠高等学校の調理部生徒が、日曜だけ地域の食堂を借りて
食事を提供している「まごころキッチン」に向かう。

市役所の向かいにある「まごころキッチン」は 小さな町の食堂だった。
よく50人分ものランチを 引き受けてくれたものだ。
大勢の予約客は珍しいらしく 校長先生までが私たちを出迎えてくれた。

定時には他の客がいるので、午後2時過ぎの予約だったが。
それでも やはり時間がかかり、30分ほど待った。
はじめに だしまき卵が出た。
c0204725_14493019.jpg

「冷やしぶっかけうどんと野菜天ぷら」というメニューだった。 
c0204725_1450125.jpg


c0204725_2115542.jpg

みなお弁当的なメニューを イメージしていたので少し戸惑う。
うどんは ゆでるのに時間もかかるので 生徒さんも大変だったね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次は夕張ばら園に向かう。
薔薇園に続く道に ポプラ並木が迎えてくれた。
すっくと立つポプラ並木は すてきだ。

薔薇園は広大だったが、あまり人影もなくて 施設も散在している印象。
四季咲きの薔薇は9月半ばには また咲くのだが、今はイメージしたほど 
多くの薔薇は咲いていなかった。
c0204725_1533269.jpg
 
c0204725_154292.jpg


植物園も見学したが 外にも芝生があるのに、園内にも芝生が敷いてある。
すごく広いけれど芝生じゃもったいない、アイディアを生かしてすごい植物園になるといいな。
薔薇の最盛期に 来てみたかった。
c0204725_1543020.jpg

c0204725_1544413.jpg

c0204725_155247.jpg


c0204725_1552495.jpg

c0204725_1555019.jpg

c0204725_1583731.jpg


c0204725_1593074.jpg

その後 帰路に着き、市内各所で参加者とお別れして夜8時頃に家に着いた。
初めて行く場所ばかりのバスツアーだったが、小林酒造は魅力的。
さて、月見のにごり酒でも いただきますか・・・



今回の旅で わが愛機リコーCX4とは お別れ。
なかなか動作しなかったけれど ピントも合わないけれど
新しいカメラがまだ届かないので 旅にはこのカメラを持参した。
でも、もう本当に なかなか動かない。

いつも私の手のなかで 私の撮りたい写真を撮ることができた・・・
最高のカメラでした・・・

ありがとう、そしてさようなら。
by yuko8739 | 2016-09-16 14:51 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/25985647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。