ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

台風の恐怖/愛車とさようなら

今まで、北海道には台風が やって来なかった。
沖縄や九州、関東などで 甚大な被害があっても、
北海道に上陸した台風は、いつも温帯低気圧に変わった。

だから各地の被害をニュースで見ながら 感じていた。
申しわけないが 北海道は雪害はあるけれど 水害や風害はない。
恵まれた地域だと思っていた。 

しかし、この夏 次から次へと台風が直撃。
30日の夜、台風10号は暴風と豪雨となって荒れ狂い 
大きな恐ろしい音を立て、木々は揺れ、家がミシミシと鳴った。
はじめて台風の恐怖が わかった気がした。

屋根が 飛ぶのではないか。
家が壊れたら どうしよう。

高台の我が家は 雨の被害だけは免れるのが救いだったが。
雨は降り続き、夜11時頃になって ようやく暴風も少し収まった。
緊張が解けてゆく。

翌日、ニュースで東北や道内各地の被害を目にして
言葉がなかった。
もともと台風は来ない土地柄、備えといっても 
なにをどうしたらいいのか。

とまどううちに川が決壊し、家は倒壊。
町は茶色の水のなかに 溺れた。

思いがけないこの惨禍に 呆然としている道産子たち。
いったいなんなのだ。
どうして こんなことに。

東北や北海道は 食物の供給基地でもある。
収穫がだめになれば 一気に農作物の価格も上がるだろう。
日本全体に 深刻な影響も出かねない。

今後は、北海道の防災は 台風の襲来に備えて
変えていかなくてはならない。
対策を 根本から立て直さなくては。

犠牲者の皆さまの ご冥福をお祈りします。
被災者の皆さまのご無事と インフラの1日も早い復旧を
心からお祈りします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8月31日に 長年乗り慣れたシルバーの愛車とさよならをした。
最後の日、きれいに掃除機をかけて 拭き掃除をして。
台風一過の日に 去って行った。

仕事に、買い物に、遊びにと 私の相棒となって 
いつでも 好きなときに 好きな場所へと私を運んだ。
軽乗用車だったので 乗りこなすのも楽だった。

本意ではなかったが 様々な事情があり この車を手放した。
とても好きな車だったし、故障も全くなかったのに。
9年間、殆んど自分の体と一体化していた。

この相棒と別れるのが辛くて 涙がこみあげる。
ありがとう・・・友よ。
いつでも 私と共にいた。


そんな私の友が去ったその日に 新しい車が来た。
これからは 車は夫婦で1台となる。 
我が家では 各人の車を持つことは贅沢かもしれない。
駐車場の問題もあった。

新しい車は白。
同じ軽乗用車でも クールでおしゃれな若者タイプ。
私の好みではないが。

それでも座席の高さやハンドルを調整できるので 
ずいぶん前方が 見やすくなった。
降りるときは 多少降りにくいが。
私には必要ないが TVやナビもついて最新装備。

特にスマートキーシステムには ただ驚き、戸惑うばかり。
まるで自動車学校を出たてのように、緊張しまくっている。
だって車の鍵が 必要ないなんて!
エンジンをかけるのに ボタンを押すだけ???
なんだか、恐い。

この新しい車に 恐る恐る乗って 孫の家に春巻きと味卵を届けたら、
孫1号は「すごいね、スーパーカーだ!」と目を輝かせた。
こういう車は 私の趣味ではないが。

寒い冬は座席も温かくなるそうで 寒がりの私はとてもうれしい。
さて、もう慣れるしかない。
愛車は 去っていった。

私もスーパーカーに乗って 若返る・・・?
by yuko8739 | 2016-09-03 10:13 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/25950460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。