ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

ポロト湖の紅葉

自然の仲間、Mさんから誘われて 天候のよい日の朝、
白老ポロト湖に 6人で出かけた。ちょうど紅葉が見頃とか。

車2台で高速に乗り 約1時間ほどで白老到着。
そこから市内を通り 白老ポロト湖自然休養林のビジターセンターへ。
車をとめた駐車場横に、すでに満開の紅葉の大樹が燃えるよう!
c0204725_21584340.jpg

c0204725_2159477.jpg


c0204725_21592341.jpg

なんと美しい!!!
みな、カメラを撮り出して 思い思いに写真を撮った。
それから 自然休養林ビジターセンター周辺を歩きはじめた。
c0204725_21594410.jpg

c0204725_220494.jpg


ここはキャンプ場でもあり宿泊ロッジもある。
周辺には流れる川や湿地帯もあり「白老ふるさと2000年の森」なので、
原生林の豊かで美しい自然が手つかずのまま。
c0204725_2202698.jpg

c0204725_2205726.jpg


c0204725_2212066.jpg

「熊出没注意」の看板が 何カ所に立てられていた。
散策路に熊のために 交通止めの看板もあったが、
それでもあまり気にせずに? 紅葉の写真を撮りながら散策した。
c0204725_2214370.jpg


c0204725_222957.jpg

c0204725_2222669.jpg

木々は紅葉の真っ最中!
紅葉の盛りのときに こうやって見に来らてよかったとMさんに感謝。
身の内にこみ上げてくる 自然を感じる深い歓び。
天候にも恵まれ 紅葉の背景の秋空は真っ青だ。
c0204725_2245094.jpg


c0204725_2252933.jpg

c0204725_2255085.jpg



c0204725_2262616.jpg

c0204725_22185874.jpg


c0204725_22733100.jpg

そんな青空に 赤、黄、緑の木々の自然の配色の妙にただ感動する。
所々に タヌキの糞も発見。
途中でおやつを食べたり、水分補給したり、ゆっくりと2000年の森を堪能した。

湿地もあり 川も渡り 水面に映る印象派の絵のような秋の木々が
どきっとするほど 美しかった。
いいなあ、こうやってにこにこと歓びながら 共に歩く仲間がいるのは。
c0204725_228360.jpg


1時間ほど歩くと 高速道路の高架下のあたりに 
コクワがいっぱい実っているのを発見。

ただひとりの男性同行者Kさんが 木に登ってコクワを取ってくれた。
緑色のコクワをひと口かじると、甘酸っぱい秋の味。
c0204725_2224482.jpg

c0204725_22251217.jpg


c0204725_22291238.jpg

地元の方に おいしいランチの店を教えてもらったので、
その焼き肉店「カウベル」を目指して ポロト湖を後にした。
途中、知り合いの「ならの木家」で 店の地図を書いてもらってやっとたどり着いた。
c0204725_2211518.jpg


前田畜産「カウベル」 
森のなかの三角屋根の焼き肉屋さん。いい感じ。
昼から焼き肉?と 多少たじろいでいたが。
食べきれるかなと みな不安気だったが。

心配はご無用!
とにかく 肉がすばらしくて感動のおいしさ!
ガステーブルではなく 炭火で焼く肉のおいしさに、驚いた。
c0204725_22112441.jpg

c0204725_22114433.jpg


「こんな贅沢していいのかな・・・」
「でも おいしくて やめられないね」
「秋はポロト湖だね、また来たいね」

次々に焼き肉を口に運ぶ。
「旨い」という言葉しか 出てこない。
あっさりした自家製のたれも 肉と相性が良くておいしかった。
その後、マザー牧場に寄り 卵とシュークリームを買って帰宅。

帰宅して調べたら、なんとHTBTVの「イチオシ」調査で 「白老町美味しい店」
ランキング3年連続第1位の店とか!やっぱりね・・・



ポロト自然林の恍惚の秋に見とれ、なんと贅沢なランチまで堪能して、
幸せな、最高の1日。

人生の秋も 充分に美しくて 楽しくて なかなかすてきです。

c0204725_22103961.jpg

c0204725_22335977.jpg


c0204725_821391.jpg

by yuko8739 | 2015-10-26 10:31 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/24858222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。