ゆうゆうタイム

猛暑も終わって

居間の一間半のベランダ窓に、緑のカーテンを設置して
はや1か月半、ササゲ豆やキュウリ、ミニトマトの葉の影が 
レースのカーテンに ゆらゆら。
c0204725_15735100.jpg

c0204725_1575478.jpg


豆やキュウリもいっぱい収穫して、煮物やかき揚げ、サラダにも。
デッキの花鉢に散水するたびに、ミニトマトをつまみ食い。

マゴちゃん達との夏休みのそうめんに、夏野菜のてんぷらにも 
新鮮な青シソは 重宝した。
ガーリックライスにも パセリがアクセント。

デッキの日除けを兼ねたミニ菜園は なかなかの優れもの。
まだまだ、収穫は続きそう。


とはいっても 真夏の暑さは去りつつある・・・
今朝はもう最高気温が25度になり 猛暑という感じはない。
自然は 秋を先取りしている。

レースフラワーのような 白いノラニンジンの花が草原を埋め尽くし、
ススキが銀色に光り、萩の花が咲き始めてきた。
花壇には コスモスが満開だ。

暑いと嘆きながら子どものように?お腹のあせもに 薬を塗っているうちに、
夜風は 山のうえから冷気を運んできた。
夜は窓を閉めて 長袖を着始めた。


マゴちゃん達ふたりは 夏休みの自由研究をたいそう褒められたようだ。
まさに、「私」の作品でもあるので うれしいな!!!

野鳥の会のSさんが 大絶賛!イチオシの昆虫図鑑を購入。
(札幌の)という言葉は Sさんいわく (北海道の)という意味だそうです。

確かにとても調べやすいし、アウトドアにも持参しやすい。
2500円と高価だったが その甲斐はある。
この本は 私が死んだら そうたに贈呈しようっと。
c0204725_15205122.jpg

c0204725_15291681.jpg


c0204725_15211961.jpg

c0204725_15213336.jpg


そうたとページを繰っては 「あのときのセミはやっぱり コエゾゼミだ!」
「セミって カメムシ目なんだね!知らなかったなあ」

「こないだ いっぱいいたのは カシワマイマイだね」とか。
「北公園のバッタは これかな?」など、一冊の本をはさんで 楽しい。

こんなふうにしながら 2013年、私の夏は終わる・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


孫たちが金曜から泊まっていたが 昨日は1日じゅう我が家で留守番だった。
私は市内市民活動拠点のイベントで、年に1度の展示講演会の担当だった。 
「映画の会」と「DV女性支援の会」のW展示を手伝い、会場に詰めていた。
c0204725_15221488.jpg

c0204725_15223525.jpg


c0204725_15225434.jpg

全体の講演会や発表会などもあって 朝8:30~16:00頃まで展示会場にいた。
昨年とは会場が変わったせいか まとまりが悪くなった気がしたが・・・?
来年は 昨年のスタイルに また戻ればいいけれど。


それにしても 市民の活動実績が100団体を超えるとは、すごい。
できれば 横のつながりが もっと増えるといいのになあ。

どの団体も 活動資金の問題は ほとんどが寄付頼みか
あるいは自腹を切っている。

文化に金をかけない国の伝統は 地方自治体でも全く同じ!
地方都市は どこも異様な高齢化で 台所事情は厳しいのだとしても。

文化活動にも 
福祉共生事業にも 


もっと光を!!!
by yuko8739 | 2013-08-26 00:27 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/20663069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「スタートレック イントゥ・ダ... 時代の魂を描くⅡ >>