ゆうゆうタイム

映画「福島 六ヶ所 未来への伝言」

大震災と原発事故から2年め 3・11の前日、3月10日に、
写真家 島田恵さんが初監督をした映画「福島 六ヶ所 未来への伝言」の上映が行われた。
c0204725_2131393.jpg


c0204725_2131566.jpg

彼女は 青森県六ヶ所村に20数年間通い、12年間住み続けた。
そこは 全国から原発の使用済み核燃料が運ばれる場所。
再処理工場が本格稼働すれば 原発が1年で放出する放射能を、1日で放出するといわれている。


この再処理工場をめぐる人々の暮らしに寄り添いながら カメラマンとして六ヶ所村の人々を
活写してきたのが 島田恵さんだ。
写真を写すだけではない。

村の人々と同じように この村で農作業や郵便配達をしながら、彼女は生計を立ててきた。
チェルノブイリ事故のあとで 島田さんは青森県六ケ所村の使用済み核燃料の問題を
取材するために ついに村に移り住んだのだ。

「六ヶ所村を最も長く取材した人」として知られている、その島田恵さんが初めて映画を作った。
六ヶ所村の映画を撮影していたその時に あの地震が起きた。
その後、地震や原発事故のショックで 茫然自失。
何も手につかない日々。

しかし、自問しながらも自分の使命を再確認し 福島の人々の苦悩を撮影して
この映画ができたのだという。

私はこの映画を観て 何度も胸にこみ上げた。
故郷を失い、生業(なりわい)としていた仕事を失う。
それは どういうことか。

故郷では 子どもを外で遊ばせることもできない。
子どものために安全な地方に避難する母と子、夫や父親と遠く離れて。
それは どういうことか。

故郷か それとも安全な場所か 暮らしはどうなるのか。
からだを引き裂かれるような 苦しみだろうと思う。
どうやって どちらかを選ぶのだ。

すべてを与えてくれた ふるさと。
なのに、今 すべてを奪うふるさと・・・



六ヶ所村で 再処理工場の誘致の際に 果敢に反対運動をした六ヶ所村の漁師は 今言う。
「みな、わずかな金に丸め込まれたのよ、はした金にな、」

今、父と子は頑強な体で漁に出て 丸々としたマダラを獲っても 
すぐ 海に捨てなければならない。
海は 福島に続いている。
マダラは放射能に 汚染されている。


ああ、国の施策がどうしても間違いだとわかっていても 
国民は なにもできないものなのだろうか。
すべて金がからむ施策が 貧しい地方では必要悪だというのか。

いったんことが起きると命も、故郷も、仕事や仲間など、
その地域の価値あるものを、すべてを失うのだとしても? 
人間が生きるとは こういうことのためではない。

これは また ひとつの国だけの問題ではない。
今も福島原発から出続ける放射能が この地球を汚染し続けている。


島田恵さんの訴えたいことが あふれるように胸に響いた映画だった。
この映画を作ってくださって ありがとう。

そしてこの映画の冒頭に流れた唄が 強く 深く私の胸に響いた。
これは映画の支援者でもある、加藤登紀子さんの唄だ。 


~今どこにいますか~
今どこにいますか
寒くはないですか
おなかは すいてませんか
眠る場所は ありますか

誰かと手を つないでますか
暖かな火は ありますか
誰かを胸に 抱いてますか
青い空を 見上げてますか

大きな悲しみは 嵐のように突然訪れるけど
夢じゃない 何もかも本当のことだから

今日1日を 生き抜きましたね
明日のために 眠りましょう
かなしみはあなたの胸で 大きな愛に変わるでしょう

できるだけのことをして
それでも足りなくて
悔しさに泣けてくる
どうしようもないことばかり
地団太踏みながら

泣きたければ 泣けばいい
大きな声で 歌えばいい
みんなで笑い合えばいい
子どものように 転げまわろう

明日は来る
必ず来る
太陽はまわってる
できることを ひとつずつ
またひとつ つみあげて

泣きたければ 泣けばいい
大きな声で 歌えばいい
みんなで笑い合えばいい
子どものようにころげまわろう


私は 泣いた。何度もその歌詞に 泣いた。 
島田さんは 上映後に語った。
「私たちは子どもたちに命のバトンを渡すことができるのでしょうか・・・」


打ち上げの会で 島田さんの素顔に触れた。
明るくて率直で 楽しい女性だった。
私たちは大いに盛り上がり 大事なことを続けようと言いあった。
諦めないことを 誓い合った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ドキュメンタリー映画
「福島 六ヶ所 未来への伝言」
HP www.rokkashomirai.com/

<サポーターとしての協力>
千円で一口になります。何口でも構いません。
*その他大口ご協力頂いた方へはDVD進呈などの特典を検討中。
*五口以上で映画のエンドロールに、お名前を入れさせていただきます

協力金の振込先・・・郵便振替口座 00170-3-457128
              口座名 六ヶ所みらい映画プロジェクト 
by yuko8739 | 2013-03-14 21:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/19662696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デジいちget! 自然の会座学「ウイルスの話」 >>