人気ブログランキング |

ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

幻想のニセコ鏡沼

先日、野草好きのMさんから お誘いがあって、ニセコアンヌプリの鏡沼に行ってきた。
Mさんご夫婦と NWC(ネイチャー・ウオッチング・クラブ)のKさんと4人で出かけた。

ドライブしていても 道端の野花ばっかり見ている人たちばかり!
とりわけ幼少の頃より野草を愛する長年の達人、Mさんの鋭い視線。
道路沿いの ヤナギランを あっというまに キャッチ!!!すごい動体視力。
さまざまな野草の名前が 次々と出てくる・・・???

Mさん、Kさんは さしずめ「歩く野草図鑑」!!!
倶知安から ニセコワイスホテルに向かい、その上の登山道のそばから
午前10時過ぎに 林に入った。
c0204725_1128267.jpg

あいにく天候が曇りで 雨に降られなければいいなと カッパや傘を用意して歩き出す。
小さな道は登り下りも多く、濡れた泥道で 歩きにくい。
私は足の指に炎症があって 1年も治らない。
その足が痛くて 少し辛かった。

平坦な道では 痛みはないけれど、滑りやすい泥道では 指先にどうしても
力が入ってしまう。こういうときには 登山用の杖を買って 持ってくればよかったなあ。

道すがら、さまざまな植物に出会った。
真っ白くて不思議なギンリョウソウも発見!
なかなか見られない花だ。

c0204725_11333665.jpg

  
c0204725_127081.jpg

途中で小さな滝や川もあり そのほとりには珍しいレイジンソウの白い花
霧のなかの自然の風景は 幻想的で 美しかった・・・
マタタビの木には 白くて可愛い花もいっぱい咲いていた。 

歩き続けること約1時間。足の痛む私のために ずいぶん遅いペースで
歩いてくださった同行者に 感謝・・・ありがとうございました。
c0204725_1284617.jpg

開けた場所に出ると 鏡沼は 霧のなか。
なんとも美しいその風景に 息を呑んだ。
シダ類の浅い黄緑とワタスゲの白、沼のほとりに立つと 
さまざまな美しいトンボが飛び交っていた・・・
c0204725_11343388.jpg

c0204725_1137252.jpg

c0204725_11362314.jpg


そこらじゅう、水草の茎に 脱皮したヤゴの殻が いっぱいついている。
そう、こうやって卵から孵り、沼で大きくなり やがて時がくると沼から出て、
すてきな羽を持ち 君たちは 雄々しく美しい姿で 飛び立ってゆくんだね・・・
命って すごい。
c0204725_11532191.jpg
   
c0204725_11381036.jpg

c0204725_11401357.jpg

木道の脇の地面も 思いがけない植物の宝箱。
ツルコケモモの 小さな小さな薄ピンクの花が いっぱい!イソツツジやホロムイイチゴ、
コバノトンボソウ・・・
Kさんが 至福の顔でつぶやく。
「こんなに広いコケモモの自生地は 見たことがない。すごいなあ・・・」
c0204725_11421617.jpg

c0204725_1292089.jpg

この木道で Mさんが持参してくださった おいしいパイナップルをいただき、
疲れたからだも 生き返るようだった。
ご主人のKさんが わざわざ運んでくださったコーヒーセット一式で
いい香りが漂う「ニセコ鏡沼カフェ」もオープン。
マスターに感謝しつつ 香り高いコーヒーは 至福の時間・・・
c0204725_1144651.jpg
霧が晴れてきて 沼が本当に鏡になって 木々を映し出す。
なんだか タルコフスキーの映画に出てきそうな場所・・・ 
おやつを頂き おいしいコーヒーに満たされ 数時間も鏡沼を楽しんだ。
ルリイトトンボの信じられないくらい美しい蒼い姿も、追い掛け回して やっと写真に撮ることが出来た!!! 
c0204725_11385684.jpg


それから また林のなかを通り 登山道入り口に戻った。
車で近くの五色温泉の駐車場に寄り、Mさんのご主人が握ってくれたお握りをいただく。

ご飯の硬さもほどよく、握り方も最高で 塩加減も絶妙、100点満点のお握り!
汗をかき 歩いた後でいただく 野外のお握りのおいしさに 
私は感動しつつ、あっというまに完食!!!

「今度、Mさんちの庭で また このお握りが食べたいなあ~
そのときは私の味噌で豚汁でも作りましょうか?」と言うと、
「いつでも 握りますよ!」とにっこり。うれしい・・・

幸せ・・・男の人でも こんなにおいしいお握りを作れるんだ、と
私は感心しきりだった。我が家では このようなことは 決してない。

その後下山して 倶知安の繁華街 都通りのごま蕎麦処「うさぎ屋」に行く。
この店は 何年も前に食通の「ふくろう文庫」の山下さんに教えてもらった店。
娘が小樽に住んでいた数年前は ここが通り道なので よくこの店に寄ったものだ。

冷たい蕎麦もおいしかったし、店内の玄関に飾られた陶器は
オーナーの奥さまの作品で、とてもすてきだった。
男性群は店内の古いオーディオ装置に 目が釘付け!
「すてきな店を教えてもらって よかったなあ~」とKさん。
私は 黒いすてきな花瓶を買い、Kさんは愛らしい小さな花の模様の豆皿を買った。

帰りに半月湖へ行く道を教えてもらい、突然の驟雨に驚きながら帰宅。
ものすごい雨は ほどなく上がったが こんな雨はひさしぶり。

自然の美しさ、命の輝き、そして同好の方と語る幸せ。

人生のすばらしいこの1日を ありがとう・・・

夢のなかに この沼が 現れますように・・・
c0204725_1295547.jpg
  
c0204725_12174679.jpg


c0204725_21214290.jpg 

(写真名人のMさんが送ってくださった写真を 数枚使わせていただきました。ありがとうございました・・・)
by yuko8739 | 2010-07-09 10:34 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/14740133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。