人気ブログランキング |

最高の1日

自然を愛する会の代表、Kさんが 今年3月に退職。
数年前から 自宅がある町から離れて 単身赴任をしていた。

会の行事があるたびに 土日にS市から 数時間かけてやってくる。
自然観察などの会が終わると、また 翌月曜からの仕事のために
戻って行く。

誰にも言えない思いも多かっただろうと 私は思う。
そんなふうに気苦労の多い 行ったり、来たりの数年間の日々が
やっと終わる・・・

Kさんは そんなことは微塵も感じさせず、いつも 野花を見ながら 
にこにこと 笑顔の方だが、仕事と趣味の活動の両立は、
かなりの困難だったのでは・・・といつも感じて 
私は感謝の気持ちでいっぱいだった・・・

そんなKさんの退職を記念して、今までの感謝と これからの自由を祝って、
有志3人で ミニランチの会を準備した。
私は またケーキを焼き、果物を用意して 隣町のM・Kさんのお宅に伺った。

バイクでさっそうと現れたKさんは、元気そうだった。
さっそく ノンアルコールビールで乾杯!

Mさんが準備してくれた、おいしい数々の手作りの前菜をいただく。
Mさんは センスがよくて 器やグラス、テーブルクロスなど 
すべてがすてきで いつも私はうっとりする。
c0204725_1233453.jpg

無類の旅行好きのMさんは この日も盛岡で買い求めたという、
すてきな木製の象嵌の箸置きを出してくださった。
なんてすてき・・・
c0204725_12334658.jpg

その後 お昼のお弁当をいただきながら、次回の自然観察会のこと、カタクリの情報など、
なごやかに話し合った。笑顔に満ちたいい時間だった。
いい天気なので、少し歩きましょうかと自然派の私たちは、町のなかを流れているA川自然公園に出かけた。初めての散策だった。
c0204725_12345216.jpg


この自然公園ができた時のいきさつを Kさんは語り、
木や花を解説してくれた。

木の上のリスを探したり、鳥を見上げたり 小川のふちのクレソンやシャクの緑が美しい・・・ 
小川に沿いながら、私たちは黄色のキバナノアマナやブルーのエゾエンゴサク、白や薄紫のキクザキイゲ、
ミズバショウやザゼンソウを眺めては、幸せな気分だった。 
c0204725_12353783.jpg

c0204725_1247138.jpg


c0204725_12454776.jpg

c0204725_12463545.jpg


c0204725_12562729.jpg

子どもたちが数人 木の枝や蔓を組み合わせた基地?らしい場所で 冷たい川の水に 足を入れて遊んでいた・・・子ども達は いつでも元気だ。なんだか懐かしい風景。
秘密の基地は きっと今も 私のなかにある・・・


幸せにうっとりして Mさんのお宅に帰り、ご主人が
「川に魚が泳いでいるけど、あれはなんだろう」というので見に行く。
あっホントだ!いるいる、いっぱいいる!

「網、ありますか?貸してもらえますか」とつい言ってしまう私。 
川のふちに膝をついて じっと魚を狙った。

魚はすばしこくて、川の流れに逆らって泳ぐ。
網に水の流れの圧力がかかり、なかなかうまく捕れない。
そうしているうちに やっと1匹get!!!
c0204725_12475095.jpg

キャラメルロールでコーヒータイムのあとで、魚を観察する。尾びれがオレンジ色、体調は3m~4cm、
腹には鮭系の稚魚のような模様。流れに逆らって泳ぐ・・・なんの魚だろう・・・???

一昨年 町のなかのこの川に 鮭が産卵のために遡上したという。
やはり 鮭の稚魚だろうか・・・?

なぜだろう、なんだろう、と私の胸のなかは 自然の不思議でいっぱいになる。
こういう気分は かけがえのないもの・・・


すっかり夕方になり、私の最高の1日が 終わった・・・
去っていく時間が 名残惜しいような。

ありがとう、ありがとう、今日1日を同行してくださって ありがとう。

私は このような人生のひとときを 限りなく 愛している・・・

c0204725_12545464.jpg

トラックバックURL : https://yukotime.exblog.jp/tb/14258460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yuko8739 | 2010-04-27 12:05 | 自然・季節 | Trackback | Comments(0)