ゆうゆうタイム

yukotime.exblog.jp
ブログトップ

村上春樹の世界

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読了。
この本は、村上春樹の1985年度の作品。
著者としては初めての書き下ろし長編小説、第21回谷崎潤一郎賞を受賞

この「世界の終わり~」と、「海辺のカフカ」は 水脈が通じていると
いわれるが・・・
近未来の情報戦争?のなかに わけもわからず飲み込まれ 
自分が知らないうちに 天才博士の措置によって 
人生を激変させられる青年の 苦悩と冒険を描く。

そして もうひとつのお話は「世界の終わり」で展開される、
静かで不思議な生活を描いている。
話は交互に進む。
どちらもきっと この物語には必要欠くべからざる ふたつの世界。
このふたつの世界が そのつながりの意味を見出すのは中盤以降のこと。

作者の描く近未来は 企業や政府の謀略と暴力に満ちた情報世界。
映画「ブレードランナー」の退廃と闇の匂いを感じる。
いっぽう、静かな図書館で 一角獣の頭骨から「夢読み」をする青年も
「こころ」を失い、感情のない世界に違和感を持ち始める。

このふたつの世界は どこで融合するのか。
ふたつの世界を統合する「自己」を実現できるのか・・・

なんともいえないラストシーンに、かなりショックを受けたが
今は、読み終えて時間が経ったので、世界の終りではじまる、
森での暮らしを おぼろげにイメージしたりする。

彼の本を読んでいると、物語を読む醍醐味を感じる。
どうしてこれほど 不思議な物語がリアルなのだろう・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「少年カフカ」読書中
今、彼の本を読みながらも アマゾンで入手した古本
「少年カフカ」がおもしろくて 並行して読んでいる。
c0204725_18155247.jpg


「海辺のカフカ」に寄せられた 読者からの1220通あまりのメールに
村上春樹が 答えている。
作者は 手を抜くということがない。
どんな質問にも あくまでも誠実に丁寧に答えている。

そして、くすりと笑ってしまうユーモア。
泣きたくなるくらいの、物書きの真剣さ。
作者と読者が 個性豊かに人生を語り つながる。

なかなかすてきな本だが、1220通ものファンからの
メールへの返事には どれほどの情熱と時間が
必要だったことだろう、驚きに値する。

「自分にとって 一番大切なのは読者。
だから 手間暇は惜しまない」
そんな村上春樹の思いが 伝わる本だ。

この本の表紙に(海辺のカフカにも)使われている、
猫の置物。なんともいえないふんいきがあり とてもすてき!
作者の個人的な持ちものとか。(私はこの置物が欲しい)
因みに村上春樹は 猫好き。
c0204725_18162098.jpg

例えば こんな彼の言葉に こころがトクンとなるのだ。
「僕は基本的に人生は孤独なものだと考えています。
でもそれと同時に、孤独さというチャンネルを通して、
他者とコミュニケートできるはずだと信じています。
僕が小説を書く意味はそのへんにあると考えます」

「でもね、僕は53歳ですが、15歳の少年の話を書くのって
実はそんなに難しくないんです。というのは僕のなかにはまだ
15歳のときの僕がちゃんと生きているからです。
佐伯さんのなかに15歳の少女が生きていたと同じように。
そういうのってほんとに素敵なことなんです。」

私も 実にそう思います。
# by yuko8739 | 2017-07-23 00:51 | 読書 | Trackback | Comments(0)

すごい!関節包トレーニング

少し前のNHKガッテンの録画を 数日前に見た。
今まで知らなかった、目からうろこの驚きの「ひざ痛対策法」だった!
なんと、ひざ痛の原因は すり減った軟骨でもなく。
ひざの骨を包んでいる「関節包」に、大きな原因があるらしい。

今までは、自分のひざ痛は、整形外科的な事故(10代の怪我)で、
靭帯や軟骨の損傷などが 原因と思っていたが。
番組では、信じられないほどすり減った軟骨を持つ O脚の高齢者が、
なんの痛みもなく 活発に動きまわっていた。

ということは、軟骨の損傷は 痛みの原因ではないのか???
ひざの構造をみてみると、ひざを包んでいる「関節包」というものがあり、
その部分は痛みを感じやすく、小さな刺激さえ大きな痛みに変えるという。

そして、ひざの痛みで ひざを大きく動かせない私のような者にとっては、
大きな福音のような 超簡単な対処法があったのだ!

さっそく、私はその方法を試してみた。
簡単だし、何かしながらできる。
TVをみているときも、PCに向かっているときも、それをした。

数日経って、なんと ひざの痛みが大幅に改善されているではないか!
驚きの効果だった。
ひざを曲げる角度も広がり、1段づつしか降りられなかった階段が
左右交互に足を出して 下りることができる。

心なしか いつも腫れている左ひざの腫れも少し引いた。
屈伸も前よりも伸びるしより曲げられる、完全ではないけれど。
すご~~~~~い!

たった数日で 今まで細く干からびていた「関節包」に、
血流や水分も増えて パワーが通い始めたのかな?

この歓び、快感をある人に伝えたら・・・
「だから言ってるじゃないの!ストレッチは大事だって。
あれほど言ってるのに、私の言うこと聞かないものね」・・・?

そうではなくて・・・ 
スポーツマンの彼女の推奨する、大腿四頭筋のトレーニングとは違う対応、
私にとっては「痛みの軽減」が 切実だったのだが。
「事柄」ではなく、私の「感情」に 沿ってほしかった。
痛くなくなって よかったね! そう言って欲しかっただけ・・・

もちろん筋肉は増やせるし、増やした方がいい。
だからインターバル速歩も3年以上続けている。
昔は走れなかったが 軽いジョギングも 今は少しできるようになった。
あなたの方法でなくても、自分流の努力は日々続けている。

こんなに痛くて不自由なひざが たった数日でこれほど
劇的に改善したことが信じられない!
私は そのうれしさを伝えたかった・・・

0ちゃん(友)に話したら、自分のことのように とても喜んでくれた。
そしてひざ痛で苦しんでいる たくさんの人たちに、このことを教えると言った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さあ、その奇跡のトレーニングとは?
脚を伸ばし、痛む膝の太ももに力を入れて(筋肉が固くなる)5秒キープ。
終ったら休んで また5秒キープ。
それを 10回繰り返す。これで1セット。
1日に2~3セット、これを続ける。

寝てやってもいいし、浅く椅子に座って かかとを床に付けて
脚を伸ばしながらしてもいい。
1日中、どんな時にでも 5秒のくり返しなので いつでもできる。

関節包トレーニングに 祝福あれ!!!
このおかげで どんなにたくさんの人が 幸せになるだろう。
どんなに多くの人が 救われるだろう。
痛むのも 曲げきれないのも 伸ばしきれないのも 辛いから。

そのことを思うと なんだか私はうれしくて 涙がこみあげそう。
ひざが痛む人には 是非 この福音を!!!
# by yuko8739 | 2017-07-20 11:00 | からだ | Trackback | Comments(0)

米寿のお祝い

母の米寿のお祝いで 洞爺湖温泉のホテルに一泊してきた。
行きつけの果樹園では、甘~い絶品さくらんぼを味見して8箱購入!
  
二次会用の飲み物などの買い出しを済ませて 広い和洋室の冷蔵庫に運んだ。
ホテルに1室だけのこのバリアフリーの2ベッドの和洋室は 8人も泊まれる。
洗面所もトイレも 驚きの広さで感じのいい部屋だった。
c0204725_0432875.jpg

午後6時過ぎから、宴会場でお祝いの会がはじまった。
私と妹は 美しいアレンジメントフラワーやプレゼントの品々を運んで、
バタバタしたが、屋外の暑さと比べると エアコンが効きすぎるくらい。

この数日間の日々の暑さに疲れ果てていたので、気持ちよく過ごせて
うれしかった! また、行きつけの内科で、帯状疱疹の痛み止めの薬を
もらったので、飲んでみるとピリピリとした痛みが解消してずいぶん楽になった。
c0204725_0451017.jpg


c0204725_0452761.jpg

総勢19人、そのうちひ孫が6人集まった祝いの席は、弟の司会で幕を開けた。
要領が悪い私と妹、そして要領がよすぎる弟の嫁や姪や甥たちの
機敏な動きで、どうやら和気あいあい、爆笑のうちに会は進む。
c0204725_0455791.jpg


母の多少緊張気味の挨拶のあと、それぞれが書いた手紙を 母に手渡した。
フルタイムで忙しいはずの娘は、とてもいい感じのミニアルバムとすてきな家族の
色紙を作ってきて 手渡した。
c0204725_0481018.jpg


チビチャんたちは軍団で 会場を嵐のように駆け巡るなか、
いよいよ プレゼントの贈呈式がはじまった。

3人の子どもたちからは、父の遺影を飾る写真立て、麻のストールや
小さなバッグ、すてきなアレンジメントフラワーなど。
孫会からは、真珠のネックレスや靴購入商品券、お祝いのケーキなど。
c0204725_04647100.jpg

c0204725_047765.jpg


c0204725_047355.jpg

会は進み、我が婿もやっと道央から到着。
孫2号(選抜された強化選手でサッカー合宿中)のいる道央から 
車で数時間かけて にこにこと駆けつけてくれた。
その後、ひ孫たちが母とろうそくを吹き消し ケーキに入刀?
その後、みなに配られた 超高級ホテル特製のスイーツに みな満足!

その後、きょうだいひとりづつの親族と母は記念撮影。
最後には 全員の集合写真で会は終わった。
この日のスターは まさに母だったが 非日常はちょっと疲れたかな・・・c0204725_049514.jpg

c0204725_0501469.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

二次会の場所の和洋室に 集まったメンバーは まず湖畔の花火を
見に行った。妹の孫Rや弟の孫Kが 恥ずかしいほどの大声で「たまや~」と
叫び続けるので 洞爺湖半で一番目立った。
子どもは元気だと 声が大きい、思わず笑ってしまった。
私は宴席の白ワインに酔って ふらふら・・・

午後9時には二時会部屋に戻り、冷えたビールやおつまみをつまみながら、
冷えた絶品さくらんぼに、みな感動 「旨い!最高!どこの果樹園?」
「買って帰ろうね~」と あっというまに6箱完食。
道央や名古屋からの 手土産お菓子もいっぱいだった・・・

芸達者=妹の息子T=が オーバーアクションで「親族内輪話」を
再現してみんなでバカ笑い! 涙を拭きながらみんなで笑い転げた。

話は 大いに盛り上がり、ついに数人が居残って 朝方3時近くまで
大声?で人生を語る。いいなあ、こういう機会は いつでもあるわけではない。
年を重ねた30代の甥たちと こんな話ができるなんて。

小さな彼らの姿が ときどき胸をよぎった。
あの子たちは もうこんなに大人になったのかと、感慨深かった。

翌朝は寝不足のはずだが すっきりと起床。
乱雑な和洋室の空きカンや散らかったお菓子など、すべてを
ひとりで 朝食までにきれいにした。

チェックアウトの際は ロビーで母から「米寿内祝い」と印した
木箱入り!の高級カステラを各自もらった。
c0204725_18202081.jpg

それから あの果樹園に寄って、自宅用のさくらんぼを購入。
さくらんぼ狩りのお客で 果樹園は人が混み合うほどいっぱいだった。
降り出した雨のなか 帰宅。

帰宅して 夕方には雨は上がり 青空になった。
きょうだいが みな仲がよいことが とてもうれしい。
だから こうやって集まれるし 楽しいのだと思う。

また、親族で 「温泉宿泊会」も開けたらいいなあ~
# by yuko8739 | 2017-07-17 11:47 | 家族 | Trackback | Comments(0)

母の米寿と帯状疱疹

2か月前から妹が企画して、明日は母の米寿のお祝いで、
親族18人、ひ孫まで揃って 温泉に泊りに行く。
母は、もうこういうお祝いは これが最後と思うらしく 
親族仲良く過ごす、このような会を とても楽しみにしている。

前にも還暦のお祝いをしたが 母はその思い出がとても楽しくて
印象的だったようで またあの時のようにみんなで楽しく過ごしたいらしい。
妹と私は、部屋割りや二次会の件で 何度も話し合った。

行く前に、行きつけの果樹園で この暑さで甘さが増して
おいしくなった旬のサクランボを買い、どこかでランチをして、
二次会用の飲み物などを 洞爺湖温泉街で調達する予定。

夜は 湖に打ち上げ花火がきれいだろう。
なかなか楽しい会になりそうで 楽しみ!
我ら3人兄弟が集まると いつも「爆笑大会」のよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

暑さの激しかった週明けの頃、開け閉めしていた一間半の
大きなベランダ窓の網戸が外れてしまって、私の両手を伸ばしても持てない。
(家人は旅行、息子は仕事)

どうしようもないので 少しずれた網戸のままで 暑さを呪いつつ
汗をかきながら うとうとしていた。
そして 起きてびっくり!

足から太もも、手も首も 虫刺されが10か所以上!ああ!
1日に50回くらい「キンカン」を塗りまくっていた。
痒くて 暑くて 死にそう・・・

首の横や後ろも ぼこぼこ腫れていたので キンカンを塗っていた。
でも痒くなくて 痛みが増す。
今朝、もしかしたらこれって?と気がついた。
仕事の帰りに皮膚科に直行。

やっぱり 思った通りに 帯状疱疹だった!!!ピリピリ痛む。
首を横にしても 髪を触っても 痛い。
激痛ではないのが救いだが ピリピリ。

どのくらいで治るのか、薬局で聞いたらなんと、
「個人差が激しくて・・・でも1ヶ月ではとても直りませんよ。
ひどい人は1年がかり・・・」ひぇ~
そんなに治るのに 時間がかかるの?どうしよう。

でも私は だいぶ前に ある人に言われた。
「あなたの場合、ガンでも 自分で治しちゃう、そういうパワーを持っている」
だから帯状疱疹も 念力で早く治せるといいけど。

でも、だいぶ前のことだし、馬力も落ちているし、
どうかなあ・・・
# by yuko8739 | 2017-07-15 11:23 | 家族 | Trackback | Comments(0)

暑い!プロバイダー変更と我が家ランチ

北海道とは思えない気温が 7月半ばにもうやってきた!
先日は室温32度まで上昇。
2階から扇風機を持ってきて しのいでいるが、たまったものではない。

温暖化で北海道は こんなに暑苦しい夏になった。
涼しい夏の記憶に 思いを馳せながら 道産子シニアは 
北海道の夏って こんなはずじゃなかったのに・・・
そうため息をつきながら、汗をぬぐう。

暑さから逃れるには 車に乗るか コンビニに行くか、
涼しい大型店に 買い物にでも行くしかないが・・・
数日続いた暑い日は、やっと数度気温が下がってだいぶ楽になった。


プロバイダーを変える工事の予定が その暑い日だった。
その際に 私の勘違いとハプニングがあり、この数日間はnetが不通に!

大いにあわてふためいて 泣きついて?どうにか設定を
手伝ってもらい、ようやく通じて、そのときの安堵とうれしさ!!!
もうこうなると、何がなんでもIT環境は自分の暮らしに不可欠だと思い知った。

天気から 買い物から 家電の評価やら 仕事の情報も。
なにからなにまでITがなくては どうにもならない。
趣味のブログや手作り新聞の編集も 大いに楽しい。
なにがなくてもPCとITは 必要なのかもしれない・・・ライフラインのように。


数日暑い日が続いた翌朝、なんだかふらふらめまいがするし、
異様に疲れ気味で 眠たい、これが 夏バテだろうか・・・
いや、もしかしたらこれって 軽い熱中症かも???

このふらつきは、なかなかよくならなかった。
それでも家人が旅行中のこの時とばかりに 
ランチに友達を誘って もてなす予定だった。

熱中症気味のふらつく体で 涼しくなった夜中に 
熱いオーブンで またお菓子フロランタンを焼き、
翌日のランチの さまざまな仕込みをした。

当日は、少し涼しくて風もあり 我が庭の薔薇も飾り。
どうにか予定の料理が完成。
招いた友は ランチをとても喜んでくれて 完食!
おいしい、おいしいと食べてもらって 幸せだった。
ふらつきながらでも 料理ができてよかった。

料理は アボカドのチーズ焼き、卵入り小揚げと人参、シメジ、
ササゲの炊き合わせ、たたきキュウリと蒸し鶏の和え物、
セロリの大豆ディップサラダ、新ショウガの佃煮など。
メインは 誰からも評判のいい「豚ロースのしょうが焼き」
c0204725_932714.jpg

c0204725_9322426.jpg


c0204725_932455.jpg

食後に珈琲&フロランタン。
おいしいミカンとパイナップルも最高!
c0204725_933121.jpg


友だちと おいしくて楽しいひとときが最高だった。
お客さまをもてなすのが 大好きな私だが、家人がリタイヤして 
こういうことが激減した。そのことは やっぱりとてもさみしい。

夕方から夜までかかって あーでもない、こーでもないと悩みながら
メルアド変更や設定なども どうにか完了。

メルアド変更の通知を誰に出そうかと そのリストを考えたりしながら
アドレス帳を整理したり・・・

なんだか、連日の暑さと なによりIT不通と、不得手なネット設定などで、
大いに疲れた数日間だった。
 
(我が家の薔薇)
c0204725_934549.jpg

c0204725_9342294.jpg


# by yuko8739 | 2017-07-13 09:43 | 友達 | Trackback | Comments(0)